ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Xperia Z1の派生モデル「L39u」のホワイトペーパーを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony MobileがXperia Z1の未発表モデル「L39u」のホワイトペーパーをDeveloper Worldサイトで公開しました。L39uはXperia Z1の派生モデルで、基本的にはグローバル市場で販売されているXperia Z1と同じです。大きく異なるのは対応周波数の部分で、L39uでは、GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA+(850/1900/2100MHz)、TD-LTE cat4 2,600MHz(B41)、ローミング用にFDD-LTE cat4 1800MHz(B3)に対応しています。「L39t」がXperia Z1の中国移動モデルなので、「L39u」はおそらく中国聯通モデルと思います。FDD-LTE 1800MHzに対応させたのは主に香港CSLへのローミングのためだと思います。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
中国独自のオペレーティングシステム「Chinese Operating System(COS)」が発表
Sony Mobile D6503とされるXperia Z1似のスマートフォンの写真が流出
HTC Oneの後継機種は3月下旬に発売予定、HTC Oneよりも大きなディスプレイを搭載し、リアカメラはツインセンサー式らしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP