ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

豚肉ブロック買い漬け込み方法4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

肉をブロックで買って調理。そんなオトコらしい料理に憧れはありませんか? 今回は、簡単にできて旨みがUP、さらに保存期間までのびてしまう、豚肉ブロックの熟成法をお教えします。

【画像や図表を見る】

1. 塩漬け
豚バラ肉の重量2~3%の塩を、肉にまんべんなくすりこみ、キッチンペーパーでくるんで、保存袋に入れ空気を抜く。水分が出たらキッチンペーパーをとりかえながら冷蔵庫で3日ほど保存。薄切りにして炒め料理、そのまま茹でるのもいいわ。その際、茹で汁もおいしいスープになるのでご賞味あれ

2. 塩はちみつマリネ
豚バラ肉か肩ロース肉の重量の2~3%の塩を肉にすりこみ、はちみつ1/2カップほどとともに保存袋に入れて空気を抜き冷蔵庫へ。1~3日後が食べごろよ。肉質がしっとりやわらかになるので、豪快に丸ごと焼くのに向いているわ

3. 味噌漬け
豚バラ、肩ロース、ロース、モモなどどんな部位でもOK。肉の表面にまんべんなく味噌を塗り、保存袋に入れて空気を抜き冷蔵庫で2日ほど保存。調理する際は、味噌を取り除いてから、スライスしてフライパンなどで焼くのがgood!

4. ワインマリネ
豚肩ロース、ロース、モモなどに向いた調理法。肉が浸る程度の白ワイン、重量の2~3%の塩、コショウ、ニンニク、レモンの皮、ローリエなどとともに保存袋に入れて空気を抜き冷蔵庫へ。1日以上漬け込んだら、汁ごと煮て食べられるわ

●手順を生かした調理例
塩はちみつ豚のロースト

<材料>
豚バラ、もしくはロースブロック 1本 
塩 肉の重量の2~3%
はちみつ 約1/2カップ
黒こしょう 適量
ローズマリー2~3枝

<つくりかた>
1.豚バラ肉か豚肩ロース肉の重量の2~3%の塩を肉にすりこみ、はちみつ1/2カップほどとともに保存袋に入れて空気を抜き冷蔵庫へ。そのまま1~3日寝かせる
2.1~3日たったら、黒こしょうをかけ、ローズマリーをちぎってのせたら、200℃のオーブンで30~40分焼く
3.竹串を刺して、血で濁った肉汁が出てこなければOK。肉汁が濁っているようであれば、さらに過熱。このとき、すでに焦げ始めている場合は、上にアルミホイルをのせて直接、熱が当たらないようにすると焦げすぎない
4.焼き上がったら少しおき(10~20分ほど)、肉汁を落ち着かせてから切り分けるとよい

<ひとこと>
「ブロック肉」、オトコの胃袋をゆさぶるこの魅惑的な食材。しかもスライス肉より割安なことも多いの。勢いで買ったものの調理法が分からない、ちょっと冷蔵庫に退避させておいたつもりがうっかり腐らせる…そういうことってあるわよね。
ひと手間かけることで味わいが増し、保存期間ものびちゃう漬け込み方法、ぜひ試してみてください。

<執筆者紹介>
荻原和歌・料理研究家。R25創刊からの“料理担当”。近著『R25酒肴道場決定版!』(メディアファクトリー)
(R25編集部)

豚肉ブロック買い漬け込み方法4選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
意外に知らない!? 肉を上手に冷凍する技
男のロマン “干し肉”作りに挑戦
なぜ豚肉は生で食べてはいけない?
「ドライエイジングビーフ」の美味
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP