ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

保水力UPにはネバネバ!? 1日中乾かないプルプル美肌のつくりかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


朝ちゃんと化粧水、美容液、クリームで保湿しているのに、お昼過ぎにはすでに乾ききってメイクも乾燥くずれ。
化粧品でお肌の水分量は上がりますが、それはあくまで一時的なもの。なんだか年々、乾燥がひどくなっている気がしませんか? 「お肌そのものの保水力」は20歳を過ぎると徐々に弱くなってしまいます。しかし、身近な食べ物で簡単に、お肌の保水力UPが可能なんですよ。
保水力ならコラーゲンよりもコンドロイチン
保水力のカギは、肌内部のヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸。
お肌をベッドのマットレスにたとえると、コラーゲンは骨組み(=スプリング)にあたり、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸はクッション(=スポンジやウレタン)の役割をしています。
このクッションこそが保水力の決め手であり、ネバネバした食品を食べることでUPします。
ネバネバ食品とビタミンCのコラボ
ネバネバした食品は「ムコ多糖類」と言われ、「納豆、ヤマイモ、海藻類(ワカメ、昆布、めかぶ)、キノコ類、サメの軟骨、ウナギ、すっぽん」などが挙げられます。『美肌のチカラ―4週間で5歳若返る』(池田書店)から、医学博士で農学博士の佐藤富雄さんによると、

「ムコ多糖類を食べると、コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸が増殖し、お肌に蓄えられる水分量が増えます」

とのことです。佐藤氏は、ムコ多糖類=「食べる美容液」と呼んでいるほど。ムコ多糖類と、コラーゲンの生成を促すビタミンCを一緒に摂れば、相乗効果は絶大だそうです。
翌朝にはふっくらしたお肌を実感できるほどの即効性なので、デートの前の夜は「ネバネバ食品&ビタミンC」を摂って、さらに外からのスキンケアをすればカンペキですね。
Japanese cuisine image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
長風呂でお肌がどんどん乾燥!? 美容のために「本当に効果的な入浴法」
手に入れたいのは姫ボディ! 「男性の目をくぎづけにするデコルテ」のつくりかた
ビックリするほど立体的で小顔になれる「眉の描きかた」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP