ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロジテック、VESA規格対応の充電クレードルが付属する業務用Androidタブレット「LT-H01/SE」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロジテックINAソリューションズは1月16日、VESA対応の充電クレードルが付属する業務用の9.7インチAndroidタブレット「LT-H01/SE」を発表しました。価格はオープン。発売時期は3月中旬です。メインはタブレット本体なのですが、この製品の特長は特許出願中というVESA規格対応の充電クレードルが付属するところにあります。VESA規格に対応したモニタアームや壁掛けホルダー、卓上スタンドは市場に多く出回っており、それらを活用することができます。タブレットのポジショニングの自由度が高く、さらにクレードルに乗せている間はバッテリーを充電することも可能という製品です。ロジテックはこのクレードルを組み合わせたタブレットの活用例として、オフィス受付の案内表示や呼出し、レストランのオーダー端末、店頭での入力端末といったことを紹介しています。メインのタブレット本体は、9.7インチ1.024×768ピクセルの液晶とARM Cortex-A9デュアルコアプロセッサ搭載したiPadサイズのAndroidタブレットです。OSバージョンはAndroid 4.2.1。特徴は、USB接続のLANアダプタをサポートしていることや誤操作防止のためのシステムバー非表示機能を搭載しているところです。また、企業ロゴや管理番号などを追記できる名入れサービスも提供されます。本体側面には、マイク、オーディオ端子、USB端子、micro SDスロット、mini HDMI端子を搭載。背面には200万画素カメラ、前面には30万画素カメラを搭載しています。Source : ロジテック



(juggly.cn)記事関連リンク
Googleが「スマートコンタクトレンズ」の開発プロジェクトを発表
HTC M8用のTPUケースが早くも中国で発売される、指紋リーダー付き?
パナソニックが今年2月にも北米でタフネス仕様のスマートフォンを発売するという報道

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP