体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脳の食べ物は「ブトウ糖」だけ! ひとくち習慣で効率が大幅UP

140116kouritsu.jpg
この連載「ハッピーライフ習慣」では、毎日のちょっとした工夫で自分らしく輝くヒントをお伝えしていきます。
脳のエネルギー源「ブドウ糖」。頭をフル回転させ、効率よく物事を進めたいときには、キャンディではなく、シンプルなブドウ糖がおすすめです。
ブドウ糖は唯一の「脳の食べ物」
脳はブドウ糖しかエネルギー源になりません。しかし、ご飯や麺類などの炭水化物が分解されてブドウ糖ができるのを待っていては、時間がかかるし、過剰摂取は肥満の元。
疲れてきてなんだか頭が働かないな…と思ったら、「脳の唯一の食べ物」であるブドウ糖を口に入れることで、素早く元気になれるのです。
ブドウ糖を常備する習慣を
ブドウ糖は大量に摂取する必要はなく、頭が疲れたな…と思ったら、少しだけ口に含んでみるという程度で十分です。
ブドウ糖はドラッグストアやネット通販などでも手軽に入手できますので、デスクの引き出しにいつも入れておくとよいでしょう。仰々しい栄養ドリンクに手を出さなくても、さりげなく、手軽に疲れを取ることができるのです。
ほんの少しで十分な効果
頭をフル回転させ、物事を効率よく進めたいときのスーパーアイテム、ブドウ糖。疲れたときの元気アップには欠かせません。ただし大量に取ると余計な糖分を身体に蓄えてしまうので、取り過ぎには十分注意してくださいね。
vintage crayons image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
メモの種類は3タイプ! 夢を叶える「アクティブ・メモ」の取り方って?
寝つきが悪い人は照明を「オレンジ色」に変えてみよう!
休みボケから抜け出す! 集中して物事に取りかかる3つの方法

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。