ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たかじん 豪放磊落・毒舌だけでなく繊細な心を持つ男だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月3日、3年間に及ぶがんとの闘いに力尽き、この世を去ったやしきたかじん(享年64)。その人徳は芸能界のみならず、夜の街にも広く知られていた。こんな逸話がある。「喝采」「北酒場」などの名曲を作曲した中村泰士氏は、3年ほど前、たかじんと北新地の路上でバッタリ会った。

 2人はその時が初対面。にもかかわらず、たかじんは、「先生にはお世話になった。一緒に飲みましょう」と誘ったのだ。

「一瞬、何のことかわからなかった。そしたら彼はこういうんです。“自分が売れてへん頃、京都の祇園で弾き語りをやって食いつないでいた。その時によく歌っとったんが、先生の『今は幸せかい』という曲やった。本当にありがたいことです”と。

 それから彼は目に涙を浮かべながら、僕の作った歌を歌ってくれた。豪放磊落とか毒舌とかいわれているけど、本当はもの凄く繊細な心を持ってる男やと感じました」(中村氏)

※週刊ポスト2014年1月24日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
たかじん 新幹線に遅れた杉田かおるに大阪-東京タクシー代
やしきたかじん氏 30歳年下の看病妻と「婚約」の真相とは?
たかじん「ヤクザが大嫌いで、一切交流も断ってきた」と発言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP