ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、米国でAndroid 4.4を搭載した「Moto G Google Play Edition」を発売、価格は$179~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Googleは現地時間1月14日、米国のGoogle PlayストアでNexus仕様のメーカー製品となる「Google Play Edition」の追加ラインアップとして、Motorola製「Moto G Google Play Edition」を発売しました。ついにGoogle傘下のMotorolaからGPEスマートフォンの発売です。Google Play Editionは、メーカーブランドの製品として販売されますが、ほぼ標準のAndroidを搭載しており、SIMロックフリー&ブートローダーアンロックにも対応、アップデートはGoogleから直接配信されるなど、Nexusスマートフォン・タブレットに近い内容で販売されます。Moto G Google Play EditionはAndroid 4.4(KitKat)を標準で搭載しています。ファームウェアがNexus仕様なので、日本語にも対応しているはずです(市販モデルは非対応)。価格は、8GBモデルが$79、16GBモデルが$199。Moto Gそのものは、Motoorlaが‟優れたものをお求めやすい価格で”と言うように、低価格ながらもそれなりに高性能で、最新のテクノロジを持ち合わせたAndroidスマートフォンです。4.5インチ1,280×720ピクセルの液晶ディスプレイ、Snapdragon 400 MSM8226 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、容量2,070mAhで丸1日は持つとされる長時間バッテリーを搭載しています。Source : Google Playストア(8GB)(16GB



(juggly.cn)記事関連リンク
HPがインドでAndroidスマートフォン「HP Slate6 Voice Tab」と「HP Slate7 Voice Tab」を発表
スクエニの欧州向けTitterアカウントがAndroid版ファイナルファンタジーVIを1月15日夕方以降にリリースするとツイート
HTC Oneの発売前に作成された試作機の写真が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP