ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「山の神」柏原 まさかのラノベ化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月2日と3日に行われた今年の箱根駅伝は、2年ぶりに東洋大学が総合優勝を果たしたが、中継で実況アナウンサーが、同校の躍進を「柏原なき後…」と表現し、2年前の優勝の立役者・柏原竜二本人がツイッターで反応。そこから話が発展し、この出来事がラノベ化されるという謎の展開を見せている。

【画像や図表を見る】

「なき後」と表現された柏原は、2009~12年の4大会で東洋大学を3回箱根優勝に導いた、通称“山の神”。5区の山登り区間を驚異的なスピードで駆け抜け、金栗四三杯(=最優秀選手)を3度獲得した。柏原は現在でも実業団の富士通で陸上を続けているが、彼が抜けた穴を、アナウンサーが「柏原なき後」と表現してしまったため、柏原がツイッターで、

「テレビ実況では死んだことになってるらしいアカウントはこちらです」
「妹から『お兄ちゃん死んだことになってるよ。』と連絡がきました」

とツイートし、ネット上では“柏原死亡説”で、ひとしきり盛り上がった。

そして柏原が「佑輔視点で『同居人は屍です。』っていうタイトルのラノベを発売しようかな?」とツイートしたところから、事態は急展開を見せる。柏原はかねてより、アニメ、マンガ、声優好きを公言していたが、上述のツイート後、LOFTが即座に発売に名乗りを上げ、コトブキヤも「フィギュアは弊社で」と呼応。さらに、富士通の寮で同室の佐藤佑輔選手(柏原と同じくアニメ、マンガ、声優好き)が「わたくしが執筆します!」と手を上げ、その作品がpixivで公開されている。

『同居人は屍です。』は今のところ(14日12時現在)3ページほどしか進んでいないが、閲覧数は2万9000件以上と人気を集めている。ツイッターまとめサイトの「Togetter」では一連の経緯がまとめられており、ツイッターユーザーからは、

「コトブキヤさんとLOFTさんのフットワークの軽さにわろたw」
「柏原さんのネタツイートを見て面白いなと思っていたら、まさかの展開で笑った」
「柏原亡き後発言がラノベ化とんでもない方向に進んでるw」

と、驚きの声が次々と登場。“山の神”として日本中に大いに沸かせた柏原だが、今度はラノベ界で天下取りを目指すことになるかもしれない。
(R25編集部)

「山の神」柏原 まさかのラノベ化はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
“ぶれない”アニヲタ 東洋大・柏原
出川哲朗、番組表の誤字で笑い生む
ラノベ新人賞 盗作騒動に作者検証
AKB新曲「鈴木まりや」で決定?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP