ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鹿児島・枕崎名物のカツオをぜいたくに使った漁師料理「枕崎鰹船人めしSP」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


1月12日の「ドラGO!」(テレビ東京系、毎週日曜午後6時)では、「鹿児島スタミナ街道ドライブ」企画を放送。タレントの彦摩呂さん、内山信二さん、モデルでタレントのIMALUさんが鹿児島県を旅し、枕崎市の食事処「だいとく」を訪れた。

 鹿児島市内を出発し、指宿や開聞岳など薩摩半島を巡った一行は、東シナ海に面した最南端の漁師町・枕崎に向かった。枕崎といえば、カツオの水揚げで有名な街。観光客だけでなく地元からも愛されている和食処「だいとく」で、枕崎産のカツオを使ったスペシャル丼「枕崎鰹船人めしSP」をいただくことにした。「船人めし」は、漁師料理を元に生まれたご当地グルメ。枕崎で揚がった生カツオか、船上で血抜きをし鮮度を保ったまま冷凍保存された「ぶえんカツオ」を使っている。カツオはサイコロ状にカットし、しょう油と柚子こしょうで味つけ。こちらも地元の名物「枕崎特選銘茶」で作った茶飯に盛りつけ、仕上げにネギ、あられ、枕崎産のかつお節などをトッピングすれば「枕崎鰹船人めしSP」の完成となる、内山さんは「キレイな色ですね~、おいしそう!」と感激していた。

 試食した彦摩呂さんは「あられの食感がバリバリとして、いいですね~。新鮮で、うまみがすごい。脂が乗っててね~」とコメント。内山さんとIMALUさんも「茶飯がまろやかですね」「茶飯が優しい味でいいですね」などと笑顔だった。「船人めし」は、最初は通常の丼として食べ、途中からは枕崎産本枯れ節で作ったダシをかけ、お茶漬け風にしていただく。彦摩呂さんは「ダシのいい香りがたちこめますね~、うまい」、内山さんは「濃厚なカツオだしをいただいている感じですね」と驚いていた。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:だいとく (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:指宿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:指宿×和食のお店一覧
日本酒に合うグルメ第1位「呑処 鯱」の寄せ鍋 小林幸子も絶賛

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP