体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界のリーダーも感銘を受けたミスター・ポジティブの言葉とは?

世界のリーダーも感銘を受けたミスター・ポジティブの言葉とは?
 書道家として活躍の場を世界に広げている武田双雲さん。
 そんな双雲さんは、初対面の人が驚くほどの「ポジティブ思考」の持ち主。どんな人とも分け隔てなく接し、一気に垣根を越えてくるのですぐに仲良くなってしまうそうです。

 双雲さんの新刊である『ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運体質になる3つの基本と11の法則』(主婦の友社/刊)は、頭をポジティブにするための秘訣や方法が書かれた一冊。ポジティブになれば人生をより楽しむことができますし、自分の枠に縛られることない自由な心を手に入れられることができるはずです。
 今回、新刊JPでは双雲さんにそのポジティブの源泉についてお話をうかがってきました。インタビュー後半をお伝えします。
(新刊JP編集部)

■笑っていれば明るい未来が訪れる、まずは笑おう

―この『ポジティブの教科書』では「ダカラコソデキルコト」以外にも、「聖なる○○」など魔法の言葉を発明されていますよね。こうした言葉をどのようにして考えているのですか?

「日々ブログやツイッター、フェイスブックなどで言葉を発信していたり、ラジオを通して話したり、書道教室の生徒さんたちと会話する中で、自分の言葉が相手の心の中に入っていかないなと思うときもあるんです。だから毎日言葉を少しずつ変えています。テンポを変えたり、言葉を短くしてみたり、(双雲さんの出身地の言葉である)熊本弁にすることもありますね。
そうやってパズルみたいに言葉を作っていくなかで、すごく反響が返ってくる時があるんですね。反応のありなしで受け入れられているかが分かるので、反応があったものを使っています。この本に書いたものだと、『聖なる○○』はすごく反応が良かったですよ」

―面白いですよね。どんなものでもありがたみを感じられるようになるって。

「そうですよね。『聖なるドライヤー』って聞くと、ありがたい風が吹いてきそうじゃないですか(笑)感謝することの大切さはみんな分かっているけれど、何でも感謝しろというと難しいですよね。そこで角度を変えてやってみては? と投げかけてみると、反応があるんです。僕の場合、伝えたいんじゃなくて、やってほしいんです。僕の投げたボールが受け取られるだけでなく、懐に入って、行動が変わり、その人の習慣になる。習慣になったら最強じゃないですか」

―双雲さんに「やってみなよ」と言われたら、それをやってみたくなります。初対面の人でも一気に垣根を越えてくる。どんな自分でも受け入れてくれる安心感がある気がしますね。

「それ、よく言われます。だから僕、人見知りをしたいんですよ(笑)」

―人見知りを克服したいではなく、人見知りをしたい(笑)

「そうそう。憧れが人見知り(笑)目の前にどんな人が来ても、多分僕は何も変わらないと思います。相手によって自分を変えるということができないから。それは生まれつきなのか、環境のせいなのかは分からないけれど、そうなんです。あ、でも人見知りのフリはたまにしますよ(笑)」

―人見知りのフリですか!? どうしてですか?

「それは人見知りがかっこいいから(笑)秘密主義とか、シャイな性格とか、本当に憧れます。影があるってかっこいいじゃないですか。僕はこういう性格だから全部言いたいことを言ってしまうんで」

―一線で活躍されている方と対談する機会も多いかと思いますが、双雲さんにしかできない対談になりそうですね。

「よく対談された方から、『こんなこと初めて話しました』と言われることが多いです。自分はそんなに引き出しているつもりはないんですけどね。僕はあまり人を嫌いになることがないんですよ。どんなにネガティブな話をされても、僕はポジティブにとらえてしまうので、安心してお話しして下さるのかもしれませんね」

―これは会ってお話をしてみたり、双雲さんの本を読んだりしないと分からないかもしれませんが、本当に安心して話せるんですよね。

「僕は、両親から他の誰かと比較されたことがないんです。だから、評価する軸が“比較”ではないのかもしれませんね。弱さを見せられても、攻撃的な部分を見せられても、それらを受け入れる土台があるし、今がどうであれ『ダカラコソデキルコト』で未来をポジティブにできるところはあると思います」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。