ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【東京おもしろ散歩】山手線一周の旅「池袋駅」:横山緑の「みどりぽ(4)」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

編集部より:編集部では新プロジェクト「東京おもしろ散歩」をスタートします。この企画では、東京近郊のおもしろいスポットを紹介していきます。またそのプロジェクトの一貫として、ニコニコ生放送で企画配信などを実施している配信者「横山緑」が、山手線を一駅ずつ紹介していく「みどりぽ」という番組をスタートしました。新大久保駅からはじまったこの番組も今回は3回目。池袋駅にやってまいりました。この記事では、横山緑自身が書いたリポート記事をお届けします。なお、横山緑は、今回だけではなく、常にマスクをかぶって放送しています。

「みどりぽ」池袋駅

今回の「みどりぽ」は大都市でもある池袋にやってきたぞ。
池袋といえば東武東上線が通り昔和光市に住んでいたころはここが都会に感じてた。そんな懐かしい池袋の街をリポートしていきたい。

今回はリア凸待ちを行い、池袋西口公園前の噴水でリア凸を待ったが、なんと0人!なんと告知を行ったのに誰も来なかったのだ!これはひどい!

誰も来ずにショックの顔を受ける横山リポーター

しかし東口方面からおにぎり顔の女性配信者のまりにゃんさんと、アラン・ドロンを彷彿とさせる姿をした東京キティさんがリア凸でやってきたてくれたのだ。

リア凸にやってきたまりにゃんさん(co2196683)

ニヒルな笑みを浮かべ西部警察の刑事のような姿でリア凸に来た東京キティさん。

今回リア凸に来てくれた二名には暗黒紙幣を数万円分プレゼントしてやったぞ。

この3名でさっそく平日の池袋をレポートしたぞ。しかし2分ほどで東京キティさんが「じゃあな!」と言って立ち去ってしまった。

まりにゃんさんはニコ生の見すぎで高校を中退してしまったのだという。大丈夫か?

これが池袋の西口駅前。
昔はタクシーのロータリーがあって長い横断歩道があったのだが整備されていて今では広場になっていた。時代は変わるものだ。

ここら辺はチャイナタウンのような日本では珍しい食材も豊富だ。

ここが池袋北口。アングラな待ち合わせ場所だったり結構警察に尋問されてる人を見かけるぞ。
公衆電話はいつの間にか撤去されたんだな。

池袋北口の地下道へ入る途中はパンチラスポットとなるので女性は注意せよ!男性は下でうろちょろしてると盗撮犯と間違われるのでなるべく上は向かないことをお勧めする。

地下道は自転車との衝突事故が多い為必ず降りてから移動しないといけない。東口へ行くならこの道を利用しないとかなり遠回りになるので利用したほうがいいぞ。

途中で創業昭和22年から営業しているタイ焼き(150円)購入だ。

まさに昔ながらのタイ焼きという感じである。尻尾はアンコが入ってなくてそれでいて甘いので甘党にはお勧めである。お茶と相性がバッチリだ。まりにゃんはこの味が苦手だとのことだった。

池袋のサンシャイン通りに出る。ここは人通りが最も多く多くの飲食店やアミューズメントパークがたくさんある。夕方や祝日などは歩くのも大変なぐらい込み合うのだ。

ゲームセンターの福引を待ってる最中に女性配信者のちーめろでぃさんにそっくりな女性リスナーがリア凸に来てくれたぞ。いつも放送を見てくれてるようで感謝する!

福引の結果は残念な5等(お菓子)であった。

まりにゃんさんに交換に行かせる隙にその場を離れ一人で放送を行うことになった。

リスナーの希望で「乙女ロード」と呼ばれる通りへ行くことにした。街の若者に声をかけたら教えてくれたぞ。ニコ生は知ってるがそんなに見てはいないとのことであった。

ここが乙女ロードと呼ばれる所だ。まあBL系と呼ばれるアニメの同人誌やなんかが立ち並ぶ店で腐女子と呼ばれる女性客が多く訪れている地帯のようである。乙女ロードというが特に秋葉原となにが違うのかは判らなかった。

池袋のサンシャイン通りにある「爆弾焼き」の店で名物の爆弾焼きを購入することに。

軽快なBGMと共に出来立ての熱々の爆弾焼きが食べれるぞ。時には行列ができるほどの人気店でこれ1つでお腹がいっぱいになるほどのボリュームだ。
店員曰く一番人気のミックスチーズ焼きを注文した。

1つがこんなにビッグサイズなのである。この中にチーズやウインナー、うずらの卵などが入って栄養もお腹もいっぱいになれるのである。熱々なので一気に食べるよりも箸で分解してから食べたほうがいいだろう。

食事も終了したので今度は東口の駅前に移動。

女子高生が堂々とタバコを吸ってるのを発見、注意しようとするといきなり「通報してやるから待ってろ」と言われてしまった。何もしてないのにあんまりだ。
しかし大人VS未成年では社会的にみても分が悪いそそくさとその場を離れることに。

しかし振り返ると二人組の男が俺を走って追いかけてくるではないか!なんだこれは?
焦った俺は小走りに歩道橋を逃げ逆側に猛ダッシュ。
金持ち喧嘩せずといって危険回避は動物が持つ本能であるので恥ずかしいことではないぞ。
配信者のはしもとくんも後ろから心配してきて後ろからついてきてくれたらしくどうやらその俺を追いかけてきた若者二名が警察に携帯で通報しながら追いかけてきたようである。

黒い覆面姿が街中では怪しく目立つのでマフラーで隠し目くらましを行った。心臓はバクバクだ。

最後ははしもとくんと接触しようやく安堵の表情に戻る。そんな池袋の今回のリポートであるが夜は治安が悪いと言わざるを得ない。
昔は池袋はなにもなく畑しかなかったのだという。むしろ駅すらなかったのだとか。
特に西口の出たところは未だにたちんぼの外国人女性やキャッチも多くみかける。まあそんなに慎重になる必要もないが美味しい食べ物や遊ぶゲームセンターなどが多いのも魅力な大人の街である。
新宿からも近く多少家賃は高いが便利な街であることは間違いないだろう。

みどりぽ「池袋編レポート」
家賃相場1K 8・4万円

便利度 ☆☆☆☆
治安☆(キャッチが多い、夜はパトカーウロウロ)
若者度☆☆☆☆(サンシャイン前は若者だらけ)
マニア度☆☆☆(ちょっと離れたところには怪しい店も多い)

記者名:横山 緑
プロフィール:ニコニコ生放送のトークカテゴリで人気の放送者。トレードマークのマスク姿でさまざまな企画を自ら考案し、実施している。
コミュニティ:co1827022
ガジェット通信記者リンク:
http://getnews.jp/archives/author/midori

横山緑の記事一覧をみる ▶

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP