ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気になる副作用もチェック可能に 「総合お薬検索」アプリがリニューアル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『総合お薬検索』が全面リニューアルを行い、今月新たにKindle Fire版をリリースしたのをご存知だろうか?

月600万人が利用する日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社のQLifeからリリースされているこの無料アプリ。先行してリリースした、iPhone/iPad版、Android版と合わせて、ほぼ全ての携帯端末をカバーするアプリとなる。

『総合お薬検索』は、医師から処方される「処方せん薬」と薬局で買える「市販薬」両方の効果や、気になる副作用、保管方法等が写真付きで検索可能。

また、自身や家族が服用するお薬をフォルダ分けして整理し、メモを残す事が出来る「お薬手帳」機能や、お薬手帳のクラウドでのバックアップ(要会員登録)機能もあり、機種変更などを行ってもそのままデータを引き継いだり、家族に共有する事ができる。

病気ごとによく処方されるお薬を検索する事も可能。新薬やジェネリック医薬品の発売も自動更新で対応している。錠剤なら「1錠あたり」、散剤なら「1gあたり」、湿布剤なら「1枚あたり」など、そのお薬の形態に合わせて薬価を単位付きで表示される。

飲み忘れ防止アラーム付で、毎日飲んでいる薬の摂取タイミングを逃す事も無くなる。

備えあれば患なし。あらかじめダウンロードしておいて、いざという時に使いたいアプリだ。

総合お薬検索for Kindle Fire
総合お薬検索for iPhone,iPad
総合お薬検索for Android

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP