ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エレコム、タブレットスタンドが付属するAndroid/Windows対応のBluetoothキーボード「TK-FBP070BK」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エレコムは1月14日、タブレットスタンドが付属するBluetoothキーボード「TK-FBP070BK」を2月中旬に発売すると発表しました。「TK-FBP070BK」は、Bluetooth v3.0(HIDプロファイルをサポート)に対応したワイヤレスキーボードと10インチタブレットまでに対応したタブレットスタンドがセットになった製品です。キーボードは、パンタグラフキーを採用し、キーピッチは170mmと大きめ。キー間にはスペースが設けられており、ミスタイプを防いでくれます。動作モードにAndroidモードとWindowsモードがあり、Androidモードでは、エレコム提供のキーボードアプリ「ELECOM Keyboard layout」通りにキーを打てます。Windowsモードに切り替えるとファンクションキーが利用できるようになります。

スタンドはキーボードと独立しており、好きな場所・位置に設置できます。スマートフォン~10インチタブレットまでに対応しており、横置きはもちろん、縦置きでも安定して立てることができます。TK-FBP070BKの定価は8,872円となっています。Source : エレコム



(juggly.cn)記事関連リンク
「Xperia T2 Ultra」と「Xperia E1」のハンズオン動画
HP製Androidスマートフォン「HP Slate 6 Voice Tab」とされる端末の写真が公開
中国OPPOが4.5インチスマートフォン「OPPO Neo」の発表を予告

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP