ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Canonical、Galaxy NexusやNexus 7(2012)、Nexus 10をUbuntu Touchのサポート対象から外す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Canonicalがスマートフォン・タブレット版Ubuntuこと「Ubuntu Touch」の開発メーリングリストで、Galaxy NexusやNexus 7(2012)、Nexus 10のサポートを打ち切ることを発表しました。現在開発中のUbuntu Touchは、これまでにGalaxy Nexus、Nexu 4、Nexus 7(2012&2013)、Nexus 10がサポート端末となっており、Ubuntuの公式サイトを通じてシステムイメージ等が配布されていました。今回の発表では、今後、サポートから外された機種のシステムイメージ等が配布されなくなるということです。メーリングリスト宛に送信されたCanonicalのアレクサンダー氏のメールによると、Canonicalは今後のUbuntu Touchの開発プラットフォームをARM/x86用のエミュレーターを用いて行う方針とし、ハードウェアプラットフォームをスマートフォンはNexus 4、タブレットはNexus 7(2013)に絞ることに決定。それ以外のNexusについては、メンテナンス等に時間を要することから打ち切られることになりました。また、昨年11月に発売されたNexus 5もUbuntu Touchの開発プラットフォームには採用されていません。Source : launchpad



(juggly.cn)記事関連リンク
ソチオリンピック・パラリンピックの公式結果アプリ「Sochi 2014 Results」がGoogle Playストアで公開
KDDI、2014年版「学割」の拡充と「U25家族セット割」の実施を発表
Motorolaが「Moto X」の欧州展開を発表、2月1日より発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP