ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつまでもキレイな記憶をと遺影用写真を撮る主婦が増加中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 生前から死んでからの準備を整える終活をする人が増えているが、キレイな記憶をいつまでもということで、遺影用写真を撮る主婦が増えているという。

“奇跡の1枚”な遺影を撮影できると人気のメイク&フォトスタジオ「オプシス」。さっそく、本誌Y記者が「47才の記念撮影に」と潜入してきました!

 プロのメイクとライトを浴びて女優気取りのY記者。

「これでいつ何があっても安心。いや、もっと美しくなってまた撮りにくるわ!」(Y記者)

 縁起が悪いどころか、むしろ人生を謳歌したい気分にさせてくれる“遺影”体験だったという。Y記者のように、最近では遺影用に写真を撮影する主婦が増えていると話すのは、代表の黒崎正子さん。

「40才、50才などの節目の記念に撮影して『遺影にするわ』とおっしゃるかたが多いですね。それに、残された家族が笑顔の自分を思い出せるようにと、華やかな笑顔の遺影写真を撮るかたが多いんですよ。大体みなさん、毎年更新して遺影コレクションを作っているみたいです」(黒崎さん)

※女性セブン2014年1月23日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
壇蜜「何があってもいいように」と遺影用写真をファイル保存
みうらじゅん 両親の遺影を撮る「イェ~イ旅行」を提案する
みうらじゅん サングラスの上に眼を書かれレディー・ガガ風に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。