ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungがCES 2014中に折りたたむことも可能な5.68インチのフレキシブルOLEDパネルを披露していたらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungがCES 2014会期中にラスベガスのホテルで一部の関係者だけに折りたたむことも可能なフレキシブルOLEDパネルの試作品を披露していたと、韓国メディアのETNewsが伝えています。Samsungが密かに公開していたというパネルはポリイミド基板を用いた紙のように薄い5.68インチサイズのスマートフォン用。5.68インチというと、5.7インチのGaalxy Roundに使用されているパネルと同じだと思われそうですが、それとは違って湾曲させるだけではなく、折りたたんだり、開いたりすることも機能の一つとされています。また、そのパネルにはタッチセンサーも組み込まれていたそうなのですが、Galaxy Roundのパネルのイリジウム酸化物フィルムを用いたものではなく、メタルメッシュ素材を用いたものに変わっていたそうです。素材を変えたのは開閉動作でタッチスクリーンとしての性能が低下する問題を解消するためと話していたそうです。Samsungは2015年にも折りたたむことも可能なスマートフォンの投入を計画しています。それに搭載するために開発しているパネルだったのでしょう。画像は数年前のCESで展示されていたフレキシブルOLEDパネルの試作品です。Source : ETNews



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenModの開発チームがCyanogenMod向けに新ギャラリーアプリ「GalleryNext」を開発、ベータ版を提供中
NokiaのAndroidスマートフォン‟Normandy”のユーザーインタフェースが実機で確認される
Canonical、Galaxy NexusやNexus 7(2012)、Nexus 10をUbuntu Touchのサポート対象から外す

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP