ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : Rockchip、Cortex-A12とMali-T764を採用したタブレット向け新SoC「RK3288」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の半導体メーカー RockchipがCES 2014イベントでタブレット向け新SoC「RK3288」を発表しました。RK3288は、Cortex-A12を4基内蔵したクアッドコアCPUとARM-T764クアッドコアGPUを内蔵したタブレット用SoC。2013年の最上位モデルとなる「RK3188」の後継製品になります。CPUの最大クロック数は1.8GHzで、GPUはH.265フォーマットの4K動画のデコード、OpenGL ES3.0、OpenCL 1.1などをサポートしています。既存のRK3188とは、CPUコア自体の性能向上によって処理性能は最大50%アップ(Cortex-A9は2.5DMIPS/MHzであるのに対して、Cortex-A12は3.3DMIPS/MHz)。また、GPUはARM Maliシリーズの現行最上位となる「Mali-T760」シリーズの4コア版を採用しており、グラフィックス性能はRK3188よりも4~6倍向上したとされています。グラフィックス性能の大幅な強化が特徴みたいですね。Rockchipが公開したGPU性能の比較資料によると、ベンチマークスコアはSnapdragon 800のAdreno 330よりも上のようです。「A Company」はMediaTekのMT6592でしょうか?Source : eeevolution



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、「ARROWS Z FJL22」のソフトウェアアップデートを配信開始、スリープから復帰しない事象に対処
OnePlus Oneのリリース時期は2014年中ごろ、外観はどの携帯電話よりも魅力的(iPhoneを除く)と主張
「Galaxy S 5」、「Galaxy S 5 mini」、「Galaxy S 5 Zoom」に関する噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP