ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Timelapse : QXレンズスタイルカメラやリモート撮影対応サイバーショットのインターバル撮影をリモートで制御できるAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SonyのQXレンズスタイルカメラやリモート撮影対応サイバーショットのインターバル撮影をリモートで制御できるAndroidアプリ「Timelapse」がGoogle Playストアで公開されました。アプリは無料です。Timelapseは、設定し時間間隔で自動的に撮影し続けるインターバル撮影をスマートフォンから実行したり、間隔を変更できるシンプルなアプリです。インターバル撮影は定点観測(風景や雲の移り変わり、植物の成長過程の確認など)するときに役立つ機能です。通常はカメラ本体で操作しなければなりませんが、Timelapseを使えばスマートフォンからそれらを制御することができます。Timelapseの利用方法は、対応デジカメのスマートフォン撮影機能を有効にして(QXカメラの場合は起動するだけ)、スマートフォンからそれらのWi-Fiアクセスポイントに接続します。次に、アプリを起動して接続するデジカメの種類(NEX-5R、QXレンズスタイルカメラ、RX100M2のいずれか)を選択します。そして、1回目の撮影までの時間、その後の間隔、撮影回数を指定し、右上の緑色のアイコンをタップします。すると、指定した回数・間隔で自動的に撮影が行われます。アプリにプレビュー画面は無いので、構図の決めたりするにはPlayMemories Mobleアプリや他のプレビュー画面機能を持つアプリを利用しなければなりませんが、そのシンプルな作りのおかげで安定性は比較的高く、まともに使えます。「Timelapse」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileのユーザーフォーラムに曲がったXperia Z1の写真が投稿される。経年劣化で曲がってしまうことも?
「LG G2」のゴールドカラーが台湾で近日発売
Paranoid Android 4.0 Beta 2がリリース、ロック画面のシースルー化やQuickSettingsパネルのカスタマイズに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP