ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : Razer、本体同士も通信するスマートウォッチ「Razer Nabu」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲーミングPCなどを手掛ける米RazerがCES 2014イベントで新種のスマートウォッチ「Razer Nabu」を発表しました。Nabuは、一般的なスマートウォッチやフィットネストラッカーのように、スマートフォンの着信やメール、通知を表示したり、歩数や消費カロリー、睡眠時間を計測することに加えて、他のNabuと相互に通信するこれまでにない機能を備えたスマートウォッチです。Nabu間の通信機能では、承認されたアプリを利用することで個人データや活動データ、位置情報を共有することができます。例えば、Nabuを装着した人同士が握手をすると、Nabuに紐づいたFacebook、Twitter、Linkedinアカウントを相互にフォローしたり、連絡先を交換することができます(Android/iOS端末に転送される)。Nabuそのものは、Nike+ FuelBandのようなリストバンド型ボディに、32×32ピクセルのPublic Icon Screenと123×32ピクセルのPrivate Message Screenの2つのOLEDパネルを搭載しています。表のパネルにはアイコンだけを表示し、内側のパネルに発信元やメッセージなどのプライベートな情報を表示するという仕組みです。また、内部には加速度センサー、気圧高度計、振動モーター、Bluetooth v4.0通信機能が内蔵されています。バッテリー駆動時間はフル充電で7日程度とされています。Source : Tom’s GuideRazer



(juggly.cn)記事関連リンク
Tegra K1のグラフィックス性能はTegra 4よりも3.75倍高い
Galaxy Note 3の公式Android 4.4.2ファームウェア「N9005XXUENA6」が流出
Nokia製Androidスマートフォン‟Normandy”の試作機とされる写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP