ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : パイオニアがAndroidを搭載した自動車用ルームミラー「Drive Agent Mirror」を展示

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パイオニアが米国・ラスベガスで開催されたCES 2014イベントで、Androidを搭載した自動車用ルームミラー「Drive Agent Mirror」を展示していました。Drive Agent Mirrorは、一般的な後付けのルームミラーよりも若干ワイドなボディに、ミラー全体の1/3の領域に半透過型のLCDを搭載してAndroidのUIを表示します。HoloテーマのUIを確認できるので、ベースOSはAndroid 4.0以上とみられます。主にカーアシスタント機能やインフォテインメント機能を提供する製品として開発されたそうです。また、Robin Labs社の音声認識機能も備えており、ドライバー・搭乗者は音声で操作することも可能とされていますDrive Agent MirrorにはLTE対応の通信モジュール、GPS、ジャイロセンサー、リアカメラなどが内蔵されており、本格的なカーナビとして機能するほか、ドライブレコーダーとしても機能します。もちろん、Androidアプリをインストールすることで機能を拡張できます。レスポンスが報じたところによると、CES 2014で展示されていたDrive Agent Mirrorは完成に近い仕上がりで、年内中に商品として発売される可能性もあるとのことです。また、昨年行われた東京モーターショーでは、NTTドコモとの共同開発製品として参考出展されていたそうなので、パイオニアと「ドライブネット」で提携しているNTTドコモから発売される可能性があります。Source : Hexus.netレスポンス



(juggly.cn)記事関連リンク
Meizu、オンライン小売店 Lightinthebox.comと提携して「Meizu MX3」のグローバル展開を開始
アワーズ、中古スマートフォン専門の通販サイト「中古携帯アワーズ スマホ生活」を1月15日にオープン
英スーパーマーケット Tescoの発売した自社ブランドのタブレット「Hudl」が発売から3カ月で40万台も売れる、次期モデルの開発にも着手

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP