ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Galaxy Grand Neo」の詳細が流出した内部資料より判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung Galaxy Grandシリーズの新モデルとして噂となっている「Galaxy Grand Neo」の詳細が流出した内部資料より判明しました。Galaxy Grand Neoは、昨年発売された安価な大画面スマートフォン「Galaxy Grand」のデザインとサイズを維持したまま、内部仕様を若干下げた廉価版といった機種のようです。しかし、Galaxy Grandと仕様の違いはごくわずかで、性能的にはGalaxy Grand Neoの方が上と考えられる内容です。主要スペックは、5.01インチ800×480ピクセルの液晶ディスプレイ、Cortex-A7ベースの1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に500万画素カメラ、前面に30万画素カメラ、2,100mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、HSPA+ 21Mbpsに対応しています。Galaxy Grandとの差は、プロセッサの変更(Cortex-A9×2 1.2GHz→Cortex-A7×4 1.2GHz)、カメラ画素数の変更(リア800万画素→500万画素、フロント190万画素→30万画素)、ジャイロセンサーを搭載しない点。画像にリリース時期は2013年12月と記されていますが、未だに発表されていないところを見ると、開発は遅れているものと推測されます。Source : GSMArena



(juggly.cn)記事関連リンク
Intel、Android 4.4(KitKat)のカーネル・ドライバを64bit化済み、次期スマートフォン向けAtom SoC‟Merrifield”も64bit対応
メモリ最適化・節電アプリ「Greenify」がv2.0にアップデート、一部の機能が非root端末でも利用可能に
Tegra Note 7をroot化する方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP