ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : Sony Mobile、デフォーカスコントロール機能を搭載した新カメラアプリのデモを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony MobileがCES 2014イベントのブースで、デフォーカスコントロール機能を備えた新しいカメラアプリのデモを展示していました。このアプリはSonyブースに展示されているXperia Z1sにインストールされていたものです。カメラプラグインとして組み込まれていたので、他の機種にも提供されるかもしれませんが、今のところリリース次期は秋rかにされていません。このアプリはデフォーカスコントロール・・・ボケの調節を行う機能を備えたアプリです。料理雑誌などで背景のボケた写真を良く目にすると思いますが、このアプリでは、それに似た感じの写真をつくりだすことができます。プレビュー画面で被写体にタッチしてピントを合わせ、シャッターを切ります。すると、ピントの合った部分以外がデフォーカス・・・ボケた状態なります。アプリにはエディタが内蔵されており、ボケの度合いをタッチ操作で調節したり、ボケの向き(水平や垂直など)を変更することもできます。Source : The Next Web



(juggly.cn)記事関連リンク
SonyがCES 2014で発表したBluetooth・NFC対応の車載クレードル「XSP-N1BT」のデモ動画
Xperia TX LT29i用Android 4.3ファームウェア「9.2.A.1.131」が流出
「Galaxy Grand Neo」の詳細が流出した内部資料より判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP