体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

劇場版を観ないと話がわからない? ヤマカン手掛ける話題の問題作 アニメ『Wake Up Girls!』クロスレビュー[5.6/10点]

wake up girls!

2014冬アニメクロスレビュー『Wake Up Girls!』

グリーンリーヴズ・エンタテインメントは、仙台で活動する弱小芸能プロダクション。
しかし最後の所属タレントに逃げられ、社長の丹下は次の手としてアイドルユニットの結成を思い立つ。
丹下の無茶振りにしぶしぶ街に繰り出しスカウトを始めたマネージャーの松田は、公園で一人歌を口ずさむ少女に出会う。
その素晴らしい歌声に思わず声をかけるのだが、彼女は「アイドル」という言葉に表情を曇らせ、逃げるように立ち去ってしまう。
松田は知らなかったのだが、その少女こそかつて国民的人気アイドルユニット『I-1クラブ』のセンターを務めながらも、ある事情で脱退した元アイドル、島田真夢であった。

制作/Ordet × タツノコプロ
監督/山本寛
声優/吉岡茉祐、永野愛理、田中美海ほか
1月10日よりスタート
テレビ東京 毎週金曜日 25時23分~
公式サイト:http://wakeupgirls.jp/[リンク]

2014冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

5.6/10点(レビュアー 5名)

藤本エリのレビュー

演出 3
脚本 4
作画 2
OP / ED 5
説明が無いと厳しい度 10
-----
総合 4

三次元でも二次元でもアイドルが人気ですが、一味違うアイドルものという事で楽しみにしていました。が、これってアニメの前ストーリーが劇場版なんすか!? 何か過去にあったんだろうなあ、とそこまではなんとなく分かりましたが、どうしてこうなったのかがこれから分かるわけでもないってことに驚き(それとも出てくるのかな?)。「衣装の見せパンならいいけど、制服でリアルパンツのパンチラはダメでしょ」って思ってたら、「本当は衣装も揃いのものを用意するはずだったのが事務所の社長が蒸発して、デビューライブもステージレンタルのお金が払えず、飛び入りであのイベントに参加したからあんな感じになった」という事情があることを教えてもらいました。分かりづらいし、作画も良くないけど、声優さんたちが思ったより良かったのでとりあえず視聴してみます。

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 6
脚本 6
作画 6
OP / ED 6
いっそのこと鬱展開で度 10
-----
総合 6

1話ですが前日譚の劇場版があるようでそっちを見ていないといろいろすっきりしない内容となっています。じゃあ、その劇場版見ようかなという方向に持って行くにはやや弱いのと見ていて心地よいストーリーではないのが気になります。わざわざパンツを描写する演出が1番話題にはなるでしょうが肯定的に受け止める人は少ないかなという風に思います。『アイマス』、『ラブライブ!』に続き、越えていくという作品になるかもしれないという期待感は今のところ感じませんでした。残念。

ジョージ・レックのレビュー

演出 2
脚本 3
作画 7
OP / ED 8
棒のやつがいる度 8
-----
総合 2

今流行のアイドルアニメの期待の超新星。キャラやストーリーラインをリアル寄りにすることで他のアイドルアニメと差別化を図っている。女の子たちもかわいい。ただアイドルモノとは思えないくらいの辛気くささと華のなさ。1話なのに途中から見てる感半端ないと思ったら、なにこれ劇場版見なきゃいけないの?ああ、そう。生パンうんぬんに関しては、アイドルモノでやってどうすんだよって感じっすね。見てて退屈だったので少なくともジョージは劇場に見に行こうとは思わなかったぜ。曲いいのにね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会