ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイドルライブの作画がヤバい! 農業高校のおバカなギャグアニメ アニメ『のうりん』クロスレビュー[7.5/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014冬アニメクロスレビュー『のうりん』

県立田茂農林高校―通称『のうりん』。
ぼくの名前は畑耕作。ここ『のうりん』に通う、ちょっぴりアイドルオタクな高校生だ。

そんなぼくの通う学校に転校してきたのは、憧れの超人気アイドル草壁ゆかたん…!?

方言幼馴染、メガネ美少年、ラブリー小動物、巨乳少女! 妄想系女教師! パンツ! 足フェチ!
そして、謎の転校生…ここには青春の全てがあるッ!!
農業学園を舞台に繰り広げられるハイテンションラブコメディー!

制作/SILVER LINK.
監督/大沼 心
声優/浅沼 晋太郎、田村 ゆかり、花澤 香菜ほか
1月10日よりスタート
TOKYO MX 毎週金曜日 25時00分~
公式サイト:http://www.no-rin.tv/index.html[リンク]

2014冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.5/10点(レビュアー 4名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 6
脚本 6
作画 7
OP / ED 7
幼なじみはかわいい度10
-----
総合 6

アホのドルオタ主人公がいる農業高校に自分の好きなアイドルが突然引退し転校してくるというストーリーか。由緒正しいラノベという感じがしますし、やや奇形なものの女の子キャラの露出度も多いのでエロい感じのラノベが好きならオススメ。農業をテーマにしているものの同時間帯の銀の匙には劣るのでそっちはもう気にせずにエロい方向で楽しめば良いと思います。

ジョージ・レックのレビュー

演出 7
脚本 7
作画 8
OP / ED 7
宇宙一かわいいよ度 9 
-----
総合 7

監督が大沼心ということで、テンポのいいギャグアニメに仕上がっている。先生が痛々しすぎる。かわいそう。かわいそう。こわい。愛称ベッキーで声が斎藤千和ということで『ぱにぽにだっしゅ!』を思い出させますが、そういえば大沼さんも関わってましたね。オープニングで田村ゆかり演じるキャラのライブシーンを見せられ、CMでは田村ゆかり本人のライブ映像を見せられるという王国民感涙の構成になっていた1話。柿崎というキャラはやはりこうなってしまう運命なんだね。

srbnのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 7
OP / ED 7
登場人物の名前 9
-----
総合 7

いきなりアイドルライブが始まったので、マジで録画ミスってウェイクアップしたかと思った……。ライブ部分、サイリウムの描写だけが雑。場内の声援を本物に近づけるなら動きもちゃんとやって欲しかったです。舞台が岐阜なのはわかったんですが、なんで1人だけ方言なのか気になって、気になって。そうでないと使えないネタがあるならともかく、ただのキャラ付けなら作中全員訛ってて欲しい。普通に観るつもりでいたので、気になった部分だけ書いてみました。主人公の名前、畑耕作がちょっとツボ。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 10
脚本 9
作画 10
OP / ED 9
アバンから宇宙一可愛いよおおおおお度 10
-----
総合 10

冒頭ゆかりんライブアニメーションから始まった今作、のうりんwww出来がめちゃめちゃ良いし、コールもちゃんとあるし、宇宙一可愛いよおおおおおおお!!!!wwwwww農業アニメって聞いてたけど完全に出鼻を挫かれたわwwwこれはすげぇアニメがはじまったwwAパートからは農業パート始まりましたが、田舎鈍りのざーさん可愛いですwwwまりーなの爆乳ホルスタインチョロキャラも破壊力高そうだし、先生も中の人の演じ方がやっべぇwwwどうやら今期のぶっひぶひ紳士枠でもあるらしいなwwwおっぱいは本当に正義だよねwwそしてざーさんに隠語攻めとか素晴らしいですねwwwwしかし、作画もギャグのテンポも演出もマジでクオリティたっけえなwwwバカテスのノリが近い気がするので個人的には大好きだわwwwちなみにパロネタ好きならより楽しめるかとww是非とも今期一番のおバカギャグアニメを貫いて突っ走って行って戴きたいwww

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP