ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google Play開発者サービス v4.1」を配信開始、ゲームデータをプレイヤー間で非同期で共有する新しいターン制マルチプレイヤー機能のサポート、Googleドライブを統合するための追加APIを実装

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは1月9日、Android端末におけるGoogleサービスの中核をなすAndroidアプリ「Google Play開発者サービス」の新バージョンv4.1の配信を開始したと発表しました。v4.1では、Google Playゲーム対応のAndroidゲームでターン制マルチプレイヤー機能を実現する新機能や、サードパーティアプリにGoogleドライブを統合するための追加APIの実装のほか「Google Location Reporting」オプションが有効の場合のバッテリー消費の改善といった変更が行われています。ターン制マルチプレイヤーは、アプリで2~8人のプレーヤーをサポートし、Google+の友人や自動マッチしたプレイヤーと非同期でプレイデータを同期し、プレイヤーが交代するとそれまでのゲームデータがGoogleサービスにアップロードされて、自動的に他のプレイヤーと共有されるというものです。対局ゲームやボードゲームの構築に適した機能のようです。追加APIに関しては、v4.1の展開が完了した後にリリースされるAndroid SDKのアップデート版を利用すると使えるようになるとのことです。詳細は後日公開するとしています。「Google Play開発者サービス」(Google Playストア)Source : Android Developers Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 3 Neoとされる端末の写真が流出、外観はGalaxy Note 3とほぼ同じ
Galaxy S 4(GT-I9505)用の公式Android 4.4.2ファームウェアのテストビルドが流出
ASUS、TF600TのAndroid版「Transformer Pad TF502T」の製品ページを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP