ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの美食家、北大路魯山人の愛した“究極の納豆”を再現するマシンが登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

納豆が日々の食卓に欠かせないという人も多いことだろう。食通としても知られる稀代の芸術家、北大路魯山人が提唱したといわれている納豆を究極においしく食す方法を、手軽に再現するマシンが2月6日に登場する!

食の極み「魯山人納豆鉢」(2310円)は、納豆を究極においしくつくることを目的とした、納豆のコク製造マシン。本体に納豆をセットし、ハンドルを回すと倍速で納豆が攪拌され、手軽においしい納豆ができあがる。

“納豆はかき混ぜるほどに旨くなる”という魯山人の教えをもとに、納豆が最もおいしくなるかき混ぜ数を検証し、424回という回数を設定。ハンドルを回すとギアの回転数がカウントされ、醤油を入れるベストなタイミング(305回)や完成のタイミング(424回)で、本体の蓋が自動的に開く仕組みになっている。

なんと、倍速回転のギアにより、わずか約1分30秒で424回かき混ぜられた納豆が完成!できあがった納豆は大豆のコク(濃厚感)が強く感じられ、醤油が豆によく絡み、まろやかな味になるという。

また、我流モードで、無限にかき混ぜることができ、自分だけの究極の納豆を探求することもできる。混ぜる前と混ぜた後、味の違いは実際に試してみたいものだ。詳細はスペシャルサイト(http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/rosanjin_nattou/)をチェックして。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP