ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電子書籍に注目!? 「第6回日本タイトルだけ大賞」大予想

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 あまたの本(電子書籍含む)の中からそのタイトルのみを評価対象として、最も美しく、面白いタイトルがつけられている書籍を表彰する「日本タイトルだけ大賞」。第6回を迎える今回の受賞作が、1月10日21時からのニコニコ生放送にて決定する。

 第6回の対象書籍は「2013年に出版された本」で、ノミネート作品は300以上。電子書籍限定の本も対象に含まれているため、例年にも増して秀逸なタイトルが多いという印象だ。
 ニコニコ生放送では事前の選考を通過した約50のタイトルから、視聴者の投票によって大賞と残念賞を決定するのだが、今回はノミネート作品の中から、新刊JP編集部が気になるタイトルをピックアップし、分析してみた。

■人気作品のパロディはどう評価される?
 まず目につくのが人気作品のパロディとも思えるタイトルだ。
 『進撃の童貞』(関上直人/著)はアマゾンキンドルストア上で無料配信されている電子書籍だが、『進撃の…』と聞くとどうしてもあの人気マンガを思い出す。
 『オレたちゃブラック入社組だよ!』(烏丸朔馬/著)もアマゾンキンドルストアで配信(こちらは有料)されている電子書籍。ドラマ「半沢直樹」の原作にもなったシリーズ小説のタイトルを彷彿とさせる。「ブラック入社組だよ!」と微妙に投げやりなところもいい。

■インパクトだけはすごいタイトル
 いきなりそのタイトルを見て、強烈なインパクトを残していくタイトルがいくつかあったので、その中から2つほどピックアップしよう。
 まずは『立ち読みしなさい!』(苫米地英人/著、サイゾー/刊)。本屋で堂々と「立ち読みしなさい!」。よく分からないけれどつい立ち読みしたくなってしまう。『おにより つよい およめさん』(井上よう子/著、吉田尚令/イラスト、岩崎書店/刊)は子ども向けの創作絵本だが、これもタイトルのインパクトは大。所帯持ちの男性の中には「うんうん」と頷く人も多いはずだ。

■残念賞に最も近い作品は?
 これまでの5回の傾向を見ると、ギャグ路線もしくは下ネタ路線が走ることが多い「残念賞」。ちなみに前回は『もし、ドラッガーを読んでも勝てないと悟った女子マネージャーが肉体を駆使したら…』(千匹屋某/著、ミヤスリサ、そらもとかん/イラスト、オークス/刊)という官能小説だった。
 今回はいわゆる“糞便”をタイトルの中に入れている作品が3作ノミネートされており、その中でも特に目をひいたのが『できる男はウンコがデカい』(藤田紘一郎/著、宝島社/刊)だ。とても真面目な内容の一冊だが、タイトルのインパクトは大きい。生放送される本選に残ればいい線までいけるのではないだろうか。

 「第6回日本タイトルだけ大賞」は、2014年1月10日午後9時より、ニコニコ生放送内で放送される。どの作品が本選にのぼり、どの作品が大賞/残念賞に輝くのか。期待して待ちたい。
(新刊JP編集部)

■第6回日本タイトルだけ大賞
2014年1月10日午後9時よりニコニコ生放送で生放送
生放送URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv164296841
公式ページ(ノミネート一覧) http://www.sinkan.jp/special/title_only2013/index.html
出演者(敬称略、順不同):山田真哉、ヨシナガ、上田渉、矢島雅弘



(新刊JP)記事関連リンク
あまりにも破天荒なバスケ漫画
日本で人気のマンガ作品の英語版タイトルを調べてみた
『もしドラ』効果で急増? 「もし…たら」というタイトルがつけられた本を集めた

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP