ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、マルチルームオーディオ配信プラットフォーム「AllPlay」の商用提供を開始、パナソニックなどが対応機器を開発へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Qualcommは1月6日、オーディオのマルチルーム配信を実現する独自プラットフォーム「AllPlay」の商用提供を開始したとともに、「AllPlay」を採用するパートナー企業を発表しました。AllPlayは、AV機器に高音質のワイヤレスオーディオ機能を提供するオープンなプラットフォームで、ローカルまたはクラウド上の音楽メディアをAllPlayに対応する機器に対してWi-Fi経由でストリーミングできます。ユーザーはAllPlayに対応する複数の機器に同じ音楽メディアをストリーミングすることや、機器ごとにストリーミングする音楽を変更することも可能。スマートフォンやタブレット向けに提供されるAllPlay対応アプリで機器ごとにボリュームを調節することもできます。Qualcommの発表によると、家電メーカーのパナソニックとAltecがAllPlay対応スピーカーの開発を表明し、iHeartRadioやRhapsody、Napster、doubleTwist、Grooveshark、TuneIn Radio、SomaFMなどのサービスプロバイダーは自社のアプリにAllPlay対応デバイスにストリーミングする機能の実装することを表明しました。Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : Polaroidが新型キッズタブレット「Polaroid K7 V3」を発表
NTTドコモ、4種類のキャッシュバックキャンペーンの実施期間を延長
CES 2014 : MiPow、Bluetooth対応のモバイルバッテリー「Smart Power」を発表、アプリでバッテリーの各種ステータスなどを確認できる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。