ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : Hisenseが6.8インチディスプレイを搭載したビッグスマートフォン「Hisense X1」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の家電メーカー Hisenseが6.8インチというマイナーな画面サイズを採用したAndroidスマートフォン「Hisense X1」を現在米国・ラスベガスで開催中のCES 2014で発表しました。6.8インチという画面サイズからすれば、Nexus 7やKidnle Fireのような7インチタブレットのように思えますが、画面サイドの額縁を細くしており、それだけを見ると外観はスマートフォンのようです。しかし、手に持ったところを見るとやはり大きいですね。Hisense X1は、6.8インチ1,920×1,080ピクセル(16;9)のIPS液晶を搭載した大画面スマートフォン。Snapdragon 800クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に1,300万画素カメラ、前面に500万画素カメラを搭載、3,900mAhバッテリーなどを搭載し、HSPA+通信に対応します。LTEは非サポート。CES 2014のブースに展示されていたデモユニットにはAndroid 4.3(Jelly Bean)が搭載されていますが、製品版はAndroid 4.4(KitKat)で発売されます。まずは米国市場で発売される予定です。Source : Engadget



(juggly.cn)記事関連リンク
GEM Xperia Xposed : Xperiaスマートフォンのホームアプリ・ロック画面の表示内容をカスタマイズできるXposedモジュール
CES 2014 : IntelとAMDがAndroidとWindowsの両方を利用できるソリューションを発表、Intelは「デュアルOS」を採用、AMDはBlueStacksと提携
CES 2014 : NVIDIA、Tegra K1のリファレンスタブレットを展示、7インチWUXGAディスプレイや4GB RAMを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP