ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungは5.55インチAMOLED・6コアプロセッサを搭載した「Galaxy Note 3 Neo」を開発中、内部資料が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外サイト GSMArenaで「Galaxy Note 3 Neo」と呼ばれる新型Galaxy Noteスマートフォンに関する内部資料が流出しました。最近噂されているGalaxy Note 3の廉価版、LCD版、SM-N750Xシリーズのことかもしれません。資料では、Galaxy Note 3 NeoをGalaxy Note IIとGalaxy Note 3で比較しています。特徴的なのは、世界初のヘクサコア(6コア)CPUを内蔵したSoCを使用していること。資料によると、Galaxy Note 3 NeoのCPUは、1.7GHz駆動のデュアルコアと1.3GHz駆動のクアッドコアの異なる最大クロック数のCPUコアで構成されています。Exynosプロセッサの新型を採用しているということなのでしょうか。Android 4.3(Jelly Bean)、エアコマンド、エアビュー、エアジェスチャー、新マルチウィンドウ、マガジンUX151.1mm x mm x 8.6mm5.55インチ1,280×720ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイ1.7GHz×2+1.3GHz×4のヘクサコアプロセッサ2GB RAM、16GB ROM、Micri SD(最大64GB)800万画素リアカメラ、190万画素フロントカメラ3,100mAhバッテリーWi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、USB 3.0、GPS/GLONASS、HSPA+ 42Mbps対応加速度/ジャイロ/近接/気温/湿度/気圧/赤外線(ジェスチャー用)センサー、デジタルコンパス搭載スペックシートを見る限り、本体サイズはほぼ同じ(横幅は不明です)、画面サイズは縮小、スペックも全体的に下がっています。しかし、機能面はGalaxy Note 3と同等です。Super AMOLEDを搭載しているので、LCD版ではなさそうです。ただ、スペックは全体的に下がっているので、Galaxy Note 3の廉価版になると推測されます。Source : GSMArena



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : IntelとAMDがAndroidとWindowsの両方を利用できるソリューションを発表、Intelは「デュアルOS」を採用、AMDはBlueStacksと提携
CES 2014 : NVIDIA、Tegra K1のリファレンスタブレットを展示、7インチWUXGAディスプレイや4GB RAMを搭載
Huawei、厚さ7.5mmでベゼルも超細い7インチタブレット「7D-501L」を開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP