ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : Huawei、OUYAよりもスペックの高いAndroidベースのコンソールゲーム機「Huawei Tron」を披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Huaweiが現在米国・ラスベガスで開催中のCES 2014イベントで、「Huawei Tron」と呼ばれるAndroidベースのコンソールゲーム機を披露しました。スマートフォン・タブレットを中心に製品を投入しているHuaweiですが、今年はそれらとは違ったAndroid製品も投入する計画のようです。Huawei Tronは筒状のちょっと変わったデザインの筐体に、Andorid 4.2、NVIDIA Tegra 4、2GB RAM、16GB/32GB ROM、USB 3.0端子などを搭載しています。外観は少し違いますが、Androidベースのコンソールゲーム機で有名な「OUYA」に似た製品です。製品はTron本体とゲームコントローラーで構成され、Tron本体をHDMIケーブルでテレビや外部モニタに接続すると、大画面でAndroidゲームをプレイすることができます。Wi-FiやBluetooth通信もサポートされています。

Huawei Tronは$120以下の安い値段で販売される予定と言われています。まずは中国での発売が予定されているそうなのですが、グローバル展開されるのかどうかについては未定です。Source : The Verge



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : NVIDIA、Tegra K1のリファレンスタブレットを展示、7インチWUXGAディスプレイや4GB RAMを搭載
Huawei、厚さ7.5mmでベゼルも超細い7インチタブレット「7D-501L」を開発中
KDDI版「LG G Flex」は近く発表される見込み、実物写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。