ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「デジタル目疲れ」対策&グッズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日々のデスクワークで溜まっていく目の疲れ。若手男性オフィスワーカーを対象に行った調査でも、特に目に不調が出やすいと感じている人が多いようだ。

【画像や図表を見る】

Q.デスクワークによる体の不調、どこに感じる?
1位 目 66.0%
2位 肩 47.0%
3位 腰 32.0%
4位 背中 10.0%
※25~34歳の男性オフィスワーカー100人に調査。2つまで選択(協力/アイ・リサーチ)

そもそも、目の疲れは、ピントを合わせるために働く毛様体筋の〝コリ〞によるもの。近距離で長時間ものを見続けるなど目を酷使することで、毛様体筋は緊張状態になるという。

ロート製薬の樗木(おおてき)真帆さんによると、長時間のデスクワークやスマホの使いすぎなど、20~30代のライフスタイルには、疲れ目になる要因がたくさん潜んでいるとか。

「スマホの画面を見るときの目の距離は、想像以上に近くなり過ぎてしまっていることも。また、パソコンで作業をしていると、まばたきの回数は通常の約5分の1に減ると言われ、乾き目の原因になります。そのうえ、パソコンの液晶に汎用されるブルーライトは、散乱しやすいためにぼけやすい波長だと言われています」

毛様体筋の緊張状態が続くと目は疲れ、放っておくと肩こりや頭痛の原因になってしまうことも。そうなる前の対策には、どのようなことを実践すると良いのか?

「定期的に遠くを見るなど、意識して目を休ませるようにすることが大切です。また、パソコンの液晶をなるべく目線の低い位置におくなど、まばたきがしやすい環境を作りましょう。市販の目薬のなかには、毛様体筋の緊張をほぐす成分が含まれているものもあります。疲れ目を感じたときは、目の周りをマッサージすることで血行が促進され、緩和することができますよ」。

目の疲れを溜めないよう気をつけつつ、さらに対策するには、デスクで使えるグッズが頼りになる。

<疲れ目症状がある人には!>
●有効成分が毛様体筋を直接もみほぐすよう働く目薬
ロート ナノアイ(ロート製薬/819円)

ピント調節機能回復が期待できるネオスチグミンメチル硫酸塩を含有し、毛様体筋に直接アプローチ。点眼した瞬間薬液が、瞳全体に一気に広がる新しいさし心地の目薬。清涼感度が高く、疲れた瞳をリフレッシュしたいときにもおすすめ。片手で開閉できるキャップなので、デスクでもスマートに点眼!

<疲れ目を気にしている人には!>
●ブルーライトをカット!疲れ目予防フィルム
ブルーライトカット液晶保護フィルムLCD-140WBC(サンワサプライ/14.0型ワイド 4599円)

毛様体筋の疲労につながるブルーライト。その最も刺激の強い波長を約26%カット。液晶から発せられる光だけでなく、反射光も吸収。貼ったままタッチパネルも操作でき、指紋やホコリが付着しにくい。気泡が分散され目立たないため、初心者も貼りやすい。

●血行を促進し疲れ解消。目まわりマッサージ器
ウッドアイマッサージャー(ダイイチ/2310円)

強く押しすぎないのがポイントとなる目の周りのマッサージには、天然木製のアイマッサージャーを。やさしい肌触りの木の玉が回転し、目の周りを心地よく刺激。400年以上の伝統を誇る「播州そろばん」の老舗メーカーが制作。

一番酷使している目に加え、肩や腰など、カラダの様々な部位に、最近疲れが溜まっているな、と感じる人も多いだろう。カラダの不調を認識する方法や、デスクで簡単にできる疲れ対策を伝授する講座「デジタル時代のカラダ疲れ対策講座」を、1月31日(金)にJR神田駅近辺で開講する予定だ。抽選になるが無料なので、1日酷使したカラダの疲れを癒しに、仕事帰りに立ち寄ってはいかがだろう。

(村部春奈/H14)
(R25編集部)

「デジタル目疲れ」対策&グッズはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
PC用の「中距離メガネ」活用法
ビジネスマンの職業病?腰痛予防法
「足を組む」しぐさ、そのメカニズム
デスクまわりのあったかグッズ5選
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP