ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsung、初の商用TizenスマートフォンをMWC 2014で発表予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SamsungとIntelが主導で開発を進めているモバイルOS「Tizen(タイゼン)」を搭載した商用スマートフォンが、今年2月にも正式に発表される見通しだと毎日新聞が報じました。Tizenは、SamsungとIntel中心となって開発を進めているLinuxをベースとしたオープンソースのモバイルOS。MeeGoとLiMoを統合したものとして2011年9月に開発が発表されました。HTML5アプリとネイティブアプリの両方の実行をサポートしています。毎日新聞の報道によると、初の商用Tizenスマートフォンは今年2月にスペイン・バルセロナで開催されるMWC 2014で正式に発表され、今春にも市場投入される見通しです。NTTドコモもSamsungがMWC 2014で発表するTizenスマートフォンを年内中に発売しようとしているらしい。おそらく、「SC-03F」のことでしょう。SC-03Fは既に各種認証を取得しており、発売準備はほぼできていると見られています。MWC 2014でSamsungが発表する前後に、国内投入も発表されるのではないでしょうか。Source : 毎日新聞(海外版)



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia SPとXperia T用のAndroid 4.3ベースの公式ファームウェアがXDA Developersで流出
LINE、知らない電話番号でも発信者名を表示したり着信を拒否できる無料のAndroidアプリ「LINE whoscall」をリリース
Samsungは虹彩認識機能を搭載したGalaxy S 5とスマートウォッチ新モデルを春頃までに発売するという報道

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。