ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「上村」の読み方 「うえむら」「かみむら」どっちが多いか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大切な得意先の担当者が交替したと聞き、先方に挨拶に向かったAさん。出された名刺の名前は「上村太郎」だった。どんな人かを探るためにいろいろと質問したまではよかったが、どうも途中から「上村さん」はなぜか不機嫌そうな表情を浮かべ続ける……。そして別れ際の「上村さん」の一言にAさんは青ざめた。「私はウエムラではなくて、カミムラなんですよ……」

 ここでクイズ。日本の名字の読み方で、多いのはどっちでしょう。

【1】上村(うえむら/かみむら)
【2】東(ひがし/あずま)
【3】土橋(どばし/つちはし)
【4】河野(こうの/かわの)
【5】長田(おさだ/ながた)
【6】千田(ちだ/せんだ)
【7】久野(くの/ひさの)
【8】小口(おぐち/こぐち)
【9】田上(たのうえ/たがみ)
【10】古谷(ふるや/ふるたに)

 すべて左の読み方が多数派となる。以下、解説。
 
【1】東日本では「かみむら」、西日本では「うえむら」が多く、全国では若干「うえむら」が多い。【2】「ひがし」は近畿以東で、「あずま」は中国以西。全国的には6対4。【3】東日本では「どばし」、西日本では「つちはし」。全国的には「どばし」がやや多い。

【4】全国的に分布はバラバラだが、「こうの」が約53%、「かわの」が約47%と僅差。【5】全国で3分の2が「おさだ」で、山梨では99%が「おさだ」。「ながた」は西日本に多い。【6】東北以北では「ちだ」、北陸以西では「せんだ」。全国では「ちだ」が7割以上。

【7】「くの」が主流。九州北部・山口では「ひさの」が多い。【8】長野と北関東に集中しており、長野が「おぐち」で北関東が「こぐち」。全国では3分の2で「おぐち」。【9】熊本を中心に九州南部は「たのうえ」、他地域は「たがみ」が多い。全国では「たのうえ」が6割弱。【10】全国的には7割で「ふるや」。「ふるたに」は中国地方に多い。

●協力/森岡浩(姓氏研究家)

※週刊ポスト2014年1月17日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
銀行や役所で記入する書類の見本はなぜ「山田太郎」なのか
「中村百笑」「勢理客」「馬蛤潟」「保栄茂」はどう読むか?
中国・韓国の名字「李」 両国合わせて世界に1億人存在する

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP