ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水属性ってなんなんだよ!! アニメ『ディーふらぐ!』クロスレビュー[5.7/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014冬アニメクロスレビュー『』

属性持ち「ゲーム製作部(仮)」のメンバーが繰り広げる、ゲーム製作とはあんまり関係ないハイテンションギャグ!!
府上高校一の不良として恐れられている風間堅次がひょんな事からゲーム製作部の部室を覗いてみると、その中では小火災が発生していた。
中にいた部員たちと消火する事には成功するものの、火災を隠蔽するために堅次たちの記憶を奪おうと部員たちに襲われてしまう。
必死に逃げる堅次だったが、部長・柴崎芦花に助けられた事をきっかけにゲーム製作部に入部する事になってしまう。

制作/ブレインズ・ベース
監督/菅原静貴
声優/小西克幸、花澤香奈、伊藤静ほか
1月6日よりスタート
テレビ東京系 毎週月曜日 26時05分~
公式サイト:http://www.d-fragments.net/[リンク]

2014冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

5.7/10点(レビュアー 3名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 6
脚本 4
作画 7
OP / ED 6
水属性だけ表情が緩んだよ度 10
-----
総合 6

ちょっと前まではこういう作品ばっかりで胸焼けする感じだったが今季は少なめの中二病早口ギャグアニメ。女の子キャラがボケて(笑えるかどうかと言われたら個人差があります)男の子キャラが突っ込む。それだけの30分を耐えられるのであれば楽しめます。自分はそろそろこのジャンルがきつい。ほんとにきつい。

ジョージ・レックのレビュー

演出 4
脚本 4
作画 5
OP / ED 4
凡作度 9 
-----
総合 4

主人公の男が不良なんだけど、ゲーム制作部の女性陣の方がアウトローだった。室内で花火とかニコ生かよ。今のところゲーム制作部要素は女性キャラたちの自称する属性だけ。今後それっぽい話とか出てこない限り痛々しい部活アニメで終わるんだけどどうなの?と思ったら公式サイトに「ゲーム制作とはあんまり関係ないハイテンションギャグ!!」って書いてあった…。関係ないんだ…。ハイテンションでもないよな…。凡作。

srbnのレビュー

演出 6
脚本 6
作画 7
OP / ED 7
花澤香菜劇場part2 10
-----
総合 7

あの『のんのんびより』を排出したコミックアライブ。『ディーふらぐ!』のDってDeathにしか思えない……。『のんのんびより』の代わりには到底なれそうもないけど、ありきたりな部活かと思いきや愉快なハチャメチャ展開なのでまあ良いと思います。『となりの関くん』といい、花澤香菜劇場が今期2作あるのでファンの方はとても楽しい3ヶ月になることでしょう。登場人物の名前裏返すと京王線あたりの駅名になるなんて、作者のお里が知れるぜ!(恐らく京王線沿い)。

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

※画像は公式サイトより引用

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP