ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シリアス・ギャグ・戦闘のバランス良! 男女ともに楽しめそう アニメ『ノラガミ』クロスレビュー[8/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014冬アニメクロスレビュー『ノラガミ』

黒いジャージにスカーフ姿の“夜ト”は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナーな神様。自分の社を築くべく、自分の携帯番号を街なかやトイレの壁に書き込み、賽銭〈5円〉で人助けをする、自称“デリバリーゴッド”である。良家の令嬢・壱岐ひよりは、交通事故に遭いそうになった夜トを助けようとして、代わりに自分が交通事故に巻き込まれてしまう。それがきっかけで“半妖(魂が抜けやすい体質)”となったひよりは、その体質を治してもらうために夜トを追いかけ、次第に行動を共にするようになる。さらに、夜トに拾われ、神様が使う道具“神器”となった少年“雪音”も仲間に加わり、人間に害を与える“妖”と戦いを繰り広げる一方で、夜トの秘められた過去が紐とかれていく。

制作/ボンズ
監督/タムラコータロー
声優/神谷浩史、内田真礼、梶裕貴ほか
1月5日よりスタート
TOKYO MX 毎週日曜日 23時30分~
公式サイト:http://noragami-anime.net/[リンク]

2014冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

8/10点(レビュアー 4名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP / ED 8
上様かわいいですぞ度 10
-----
総合 8

今季のダークホースの香りがした本作。安定した作画と世界観も良さそうです。シリアスな話もいけそうだし、ギャグもいけそうですね。程よいエロもありがとうございます。途中出てきたネコの上様の容姿が上様でかわいかったです。あんなネコ飼いたい。これも視聴継続ですね。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 9
脚本 8
作画 9
OP / ED 9
ノラ物語度 10
-----
総合 9

今期のヒロC主役枠の代表である今作、ノラガミww社も無いとゆーまんま「野良神」な主人公とそれに関わっちゃったJKヒロインのお話なのかな?wwwそれこそソウルイーター的な感じでパートナーが武器になる感じみたいですねwwアヤカシみたいなのと戦ってるし、主役が神谷さんなので物語シリーズをバリバリ感じさせますが、戦闘パートも良いし、ギャグ描写も面白いしで個人的には好きな感じですねwwwOPムービーも曲もカッチョ良い感じだしwwEDも良いじゃないwwヒロインが幽体離脱した時に真っ先に思い浮かんだのが幽白な奴は結構多いハズwwwとりま今作はヒロCが好きな人ならかなり楽しめるヒロCアワーになっている感じですよwwヒロインちゃんも可愛いし、随所随所での笑いとシリアスのバランスも好きなセンスですわwww

srbnのレビュー

演出 8
脚本 8
作画 8
OP / ED 8
神谷浩史度 10
-----
総合 8

八百万の神がいるという日本ですが、今回の神様は宿なしの自称神。手汗がくさいとか家がないとか、しょうもない理由で相方を失った神様と、神様を助けようとして自分が交通事故に遭い、魂が抜けやすくなってしまった女子高生が1話の主な登場人物。抜けた魂と本体との違いは、尻尾みたいなのがあるだけでほとんど見分けがつきません。実在する町に似せた舞台設定かつ現代ということもあり、異世界色があまり濃くないファンタジーと感じました。隠れプロレスファンってなんやねんと思ったけど活かされててワロタ。シリアスとギャグとバランスよくてテンポよく観られました。

ジョージ・レックのレビュー

演出 6
脚本 7
作画 7
OP / ED 7
ガンガン連載かと思った度 8
-----
総合 7

アララギくんかと思った。シリーズ構成が三重n…赤尾でこなのが不安材料ではあるが原作つきなので大丈夫かな。大丈夫かなあ。ボンズ制作で作画も綺麗だし1話のつかみもまあ解りやすい感じだったのでよっぽどのことが無い限り無難に面白くまとまるはず。男女ともに萌え要素を見つけられる作品なんじゃないかな。監督のタムラコータローってこれが初監督作品だっけ?いい感じなのでこのまま頑張ってほしい。

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

※画像は公式サイトより引用

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。