体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CES 2014 : 中国Meizu、2014年Q3中に米国スマートフォン市場に参入、次期フラッグシップ「Meizu MX4G」の情報もチラつかせる

中国のスマートフォンメーカー 魅族(Meizu)は1月7日、2014年Q3中にも米国スマートフォン市場に参入すると発表しました。Meizuは昨年末にも米国スマートフォン市場への参入を表明しましたが、その時期や投入機種は明らかにしていませんでした。今回の発表では、同社が現在中国で発売中の「Meizu MX3」を2014年Q3中に投入することを明らかにしました。「Meizu MX 3」は、5.1インチ1,800×1,080ピクセルという他にはないサイズのディスプレイを搭載したAndroidスマートフォンです。Androidを搭載していますが、ユーザーインタフェースは標準Androidの原型をとどめないほどにまでカスタマイズされています。Meizuは現在米国・ラスベガスで開催中のCES 2014イベントに参加しており、同社のブースで「Meizu MX3」を展示しています。CES 2014では、Meizu幹部が記者に対して同社の次期モデル「Meizu MX4G」の情報を公開したとも伝えられています。その情報によると、次世代モデルは、画面サイズとスペックによって少なくとも2種類が存在し、そのうち、5.5インチ2,560×1,536ピクセルのディスプレイを搭載したモデルは「Pro」モデルと呼ばれています。Proモデルの画面サイズはMeizu MX3よりも大きいものの、横幅はMeizu MX3の72mmと変わらないとのことです。また、ProモデルはクアッドコアまたはCortex-A12+Cortex-A7のクアッドコアプロセッサを搭載し、4G LTEにも対応する予定と伝えられています。Source : BusinessWireCNMO



(juggly.cn)記事関連リンク
DroidシリーズやNexusなど12機種がFitbitのAndroidアプリに正式対応
Samsung、初の商用TizenスマートフォンをMWC 2014で発表予定
ディズニー、スマートフォン新モデル「DM016SH」のオリジナルケースを2つプレゼントする予約キャンペーンを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。