ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chromiumのバグトラッカー上でKitKatの新ビルド「KJT49K」が発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Chromiumのバグトラッカー上でAndroid KitKatの新ビルドとみられる「KJT49K」が発見されました。Chromiumのバグトラッカーではこれまでに様々なAndroid新ビルドの情報が得られており、今回は、ページロードとページスクロールが遅いという事象を投稿したグーグラーのNexus 5に「Android 4.4.2(KJT49K)」という未提供ビルドが搭載されていることが判明しました。現行最新ビルドはAndroid 4.4.2(KOT49H)とバージョン番号に変化はなく、バグ修正などを中心としたマイナーアップデート版とみられます。ただ、Chromeumのバグトラッカー上で新ビルドが発見されたとしても、それがリリース版なのかどうかは現時点では断定できません。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : 酷派(Coolpad)が世界初の7インチオクタコアスマートフォン「Coolpad 9976A」を披露
ASUS Japan、「Fonepad 7(ME372CG)」と「ASUS Pad TF701T」の2機種にAndroid 4.3(Jelly Bean)へのアップデートを明日9日正午に配信開始
CES 2014 : 東芝が国内メーカーでは初となるChromebookを発表、2月16日に$279で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。