ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20歳が理想とするのは、懐の深い男、凛とした女!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

20歳を迎えれば、晴れて大人の仲間入り。すなわち、これまで“憧れ”だった大先輩と同じ土俵に上がったということだ。なればこそ、今のうちに目標を定めておくべし!…というわけで、今年の新成人300人(男女各150人)を対象にしたアンケートから「憧れの大人像」を探ってみよう。

【画像や図表を見る】

【男性新成人に聞く、憧れの男性(30~40代部門)TOP10】
1位 福山雅治 26.0%
2位 イチロー 19.3%
3位 阿部 寛 16.7%
4位 堺 雅人 8.7%
5位 木村拓哉(SMAP) 8.0%
6位 上田晋也(くりぃむしちゅー) 6.7%
7位 桜井和寿(Mr.Children) 6.0%
8位 マツコ・デラックス 6.0%
8位 松岡修造 6.0%
10位 長瀬智也(TOKIO) 5.3%

【男性新成人に聞く、憧れの男性(50代~部門)TOP10】
1位 北野 武 14.0%
2位 明石家さんま 11.3%
3位 所ジョージ 11.3%
4位 池上 彰 9.3%
5位 タモリ 8.7%
6位 高田純次8.7%
6位 水谷 豊 8.7%
6位 孫 正義 8.7%
9位 松本人志8.0%
10位 宮崎 駿 6.7%

まずは男性部門。活躍著しい30~40代の男性のなかで、一番支持されたのが福山雅治だ。女性人気が高いことで知られているが「総合的に優れているから」といった意見が多く、そのマルチな才能が憧れの対象になっているようだ。次いで評価の高かったイチローは、「努力」や「一つのことを極めているから」など、1位の福山雅治とは逆に“求道者”的なかっこよさが主な支持理由。また、幅広い作品で“大人”を演じる阿部 寛と、『半沢直樹』で信念を貫く“闘う男”を強烈に演じた堺 雅人は、役柄を色濃く反映した結果といえそうだ。

一方、50代以降を見ると、一時代を築いた大物タレントが不動の人気を誇っている。そんななか、ジャーナリストの池上 彰が割って入っているのが興味深い。「人生の修羅場を潜り抜け、酸いも甘いも噛み分けた男」――新成人男性が理想としているのは、そんな懐の深い大人のようだ。

【女性新成人に聞く、憧れの女性(30~40代部門)TOP10】
1位 天海祐希 41.3%
2位 江角マキコ 29.3%
3位 松嶋菜々子 22.0%
4位 篠原涼子 19.3%
5位 菅野美穂 18.0%
6位 真矢みき 17.3%
7位 安室奈美恵 12.0%
8位 吉瀬美智子 10.7%
9位 永作博美 9.3%
9位 深田恭子 9.3%

【女性新成人に聞く、憧れの女性(50代~部門)TOP10】
1位 吉永小百合 30.7%
2位 黒木 瞳 30.0%
3位 松田聖子 13.3%
4位 大地真央 9.3%
5位 和田アキ子 8.7%
6位 安藤優子 8.0%
7位 桃井かおり 6.0%
7位 黒柳徹子 6.0%
9位 樹木希林 5.3%
10位 松坂慶子 4.7%

男性に比べて特徴が際立ったのが、女性新成人の回答。30~40代女性のなかでは、ダントツで天海祐希が支持され、「かっこいい」「強さを感じる」などコメントが寄せられた。2位・3位の江角マキコと松嶋菜々子の支持理由も同様で、凜としたたたずまいが“理想の大人の女性像”といえそうだ。

もうひとつ、上位陣に共通する支持理由は「飾らないから」という点。すなわち“自然体でかっこいい女性”に多くの新成人が憧れている様子。特に50代以降では、上位2人に加え、安藤優子、桃井かおりらにその傾向がうかがえる。また、松田聖子、黒柳徹子、樹木希林など、ぶれずに我が道を貫く女性への憧れも強いようだ。
(吉州正行)

※記事中の調査結果は、1993年4月2日~11月19日生まれの新成人男性150人、女性150人を対象にしたwebアンケートをもとに集計(調査期間:2013年11月19~22日、協力:アイリサーチ)

(R25編集部)

20歳が理想とするのは、懐の深い男、凛とした女!?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
新成人“オトナ”ナビゲーター
自宅外でワンランク上の宅飲み術
自宅飲み会用簡単華やか鍋レシピ
トリンドル玲奈からの成人祝い!
成人の日を甘い思い出にする方法

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP