ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : エプソン、Androidを搭載したヘッドマウントディスプレイ「MOVERIO」シリーズ新モデル「BT-200」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エプソン米国法人は1月6日、米国・ラスベガスで開催中のCES 2014でAndroidベースのヘッドマウントディスプレイ「MOVERIO」シリーズの新モデル「BT-200」を発表しました。MOVERIOはシースルータイプの液晶ディスプレイ(解像度960×540ピクセル)を採用したヘッドマウントディスプレイで、WEBページの閲覧や動画の視聴などを行いながら、ディスプレイ越しに外の風景もみることができるという製品です。映像はサイドバイサイド方式のものなら3Dで視聴することもできます。製品はディスプレイ部(イヤホン付き)とコントローラ部分で構成されています。microSD/microSDHCカードスロットを搭載しており、SDカードに保存した動画や音楽などを視聴可能。Wi-Fi b/g/nに対応し、Android 4.0(ICS)を搭載しているので、WEBページの閲覧、ネット動画やラジオなどオンライン上のマルチメディアにもアクセスすることが可能(Google Playは非対応)。前モデルとなるBT-100との違いディスプレイ部がスリムになって60%軽量化カメラが追加され、写真と動画を撮影することのほか、ARアプリを活用できるようになったディスプレイサイズが拡大し、最大輝度も2倍向上したコントローラーユニットにタッチパッドが追加、Bluetooth v3.0にも対応モーションセンサーが追加され、アプリやゲームで新たな動きを感知できるようになったOSがAndroid 4.0(ICS)にアップデートされたDolby Digital Plusに対応した(7.1chバーチャルサラウンドなど)対応する動画/音声フォーマットはMPEG4/H.264/AAC/MP3、バッテリーの持ち時間は動画の視聴で前作と同じ約6時間。MOVERIO BT-200の価格は$699(約73,000円)と高価です。Source : エプソン米国法人



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : アウディが車内での利用に特化した10.2インチAndroidタブレット「Mobile Audi Smart Display」を発表
Android版「Feedly Beta」がv18にアップデート、記事間をタップで移動できる「Speed Reading」機能が追加
Samsung SM-N7505がBluetooth SIGの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP