ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : カシオがBluetooth対応G-SHOCKの新モデル「STB-1000」シリーズを発表、スマートフォンアプリで計測したトレーニングデータをリアルタイムに確認できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カシオ米国法人が米国・ラスベガスで開催中のCES 2014で、「Bluetooth SPORTS Gear」ブランドの新たなBluetooth v4.0/LE対応G-SHOCK「STB-1000」シリーズを発表しました。今回のBluetooth対応G-SHOCKは、RunmeterやWalkmeter、Cyclemeter、Wahoo Fitness、CASIO WATCH+といったスマートフォンアプリと連携して、ウォーキングやランニング、サイクリングにおけるアプリのデータをリアルタイムで閲覧できる、トレーニングやフィットネス用のG-SHOCKです。主な機能は、フィットネスアプリの運動データを時計上に表示すること、スマートフォンの音楽プレイヤーの操作すること、スマートフォンの着信とEメール受信を通知すること、G-SHOCKの設定を行うこと、スマートフォンファインダーです。アプリ利用中は、移動距離やスピード(現在、平均)、ラップタイム、心拍数、ケイデンスを時計画面に表示します。ラインアップはSTB-1000-1とSTB-1000-4の2種類(カラーが異なる)。どちらも、本体サイズは52.5×47.0×15.5mm、質量は55g。100m防水対応で、CR2032で電池寿命は2年です。対応機種は今のところiPhoneのみです。Source : カシオ製品情報カシオ発表文



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : Vizio、Android KitKatビルトインのBluetoothスピーカー「Portable Smart Audio Player」を発表
CES 2014 : SCEがクラウドゲームサービス「PlayStation Now」を発表、スマートフォンやタブレットも対応するみたい
Chromiumのバグトラッカー上でKitKatの新ビルド「KJT49K」が発見される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP