ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : ネットギア、Miracast対応のHDMIドングル型Androidセットトップボックス「NeoMediacast(NTV300D)」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ネットギアは1月6日、Miracastのワイヤレスディスプレイ受信機としても機能するHDMIドングル型のAndrodiセットトップボックス「NeoMediacast(NTV300D)」を発表しました。NeoMediacastは、Androidスマートスティック+Push2TVといった感じ製品です。本体をテレビや外部モニタのHDMI入力端子に直挿しできる小型端末で、Androidを搭載しており、テレビやモニタの画面を使ってAndroidアプリを利用することのほか、Push2TVのようにワイヤレスディスプレイに対応したスマートフォンやタブレットの画面をテレビ・モニタに出力することもできます。本体には、HDMI端子(1.4)、USB 2.0端子×2(1つはOTG対応)、IRブラスタ、Micro SDカードスロットが搭載されており、1080p/60fpsの映像出力や著作権保護機能 HDCP2.1に対応。Wi-Fi ac(スペックシートにac以外の規格に対応しているとは記載されていません)、Bluetooth v4.0にも対応しています。MeoMediacastの発売時期は2014年上半期中です。Source : ネットギア



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Feedly Beta」がv18にアップデート、記事間をタップで移動できる「Speed Reading」機能が追加
Samsung SM-N7505がBluetooth SIGの認証を取得
「HP Slate 6 Voice Tab」がBluetooth SIGの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP