ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : ZTEが同社初のスマートウォッチ「BlueWatch」を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTEは1月6日、現在米国・ラスベガスで開催中のCES 2014の展示ブースで同社初のスマートウォッチ「ZTE BlueWatch」を公開しました。BlueWatchは、低消費電力な‟ePaper”液晶を搭載し、内蔵の加速度センサーなどによってユーザーの歩数や移動距離、消費カロリーを計測し、Bluetooth通信でスマートフォンを繋がり、スマートフォンの着信やSMS、TwitterやFacebookの新着情報を時計に表示したり、スマートフォンの音楽プレイヤーを操作することができます。側面にはマグネット充電端子が備えられており、充電器を端子に当てるだけでバッテリーを充電することが可能。BlueWatchの外観や仕様、UIなどがPebbleスマートウォッチに似ているということで、Pebbleクローンという見方もされていますが、展示されていたのは、あくまでもベータ製品(試作機的なもの)なので、製品版ではデザインが変更される可能性もあります。BlueWatchの発売時期や発売国、価格は未定ですが、同社は年内中には発売したい意向を述べていたそうです。Source : The Verge



(juggly.cn)記事関連リンク
もっとTV、1か月945円で厳選コンテンツが見放題の新サービス「月額見放題パック」を提供開始
小米科技の次世代スマートフォン「Mi4」に関する噂、5.5インチモデルと小型モデルが存在し、「MiOS」と呼ばれる新システムを採用
Samsungのスマートフォン向け新TouchWiz UIのスクリーンショットが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP