ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タワレコ女子ジャズ部×渋谷ヒカリエ〈ShinQs〉がコラボ! 〈Jazzy〉なコンピ5枚登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


『Jazz ShinQs~Natural & Relax Style』 ジャケット画像

 

タワーレコードと東京・渋谷ヒカリエ内の商業施設〈ShinQs〉が、〈毎日、女子ジャズ〉をテーマにコラボレートすることが決定。タワーの女性スタッフから成る〈タワレコ女子ジャズ部〉が渋谷ヒカリエのフロア・イメージをお洒落で〈Jazzy〉な楽曲で体現すべく選曲したコンピレーション・アルバム〈Jazz ShinQs〉を、タワーおよびTOWERmini全店、TOWER RECORDS ONLINEならびに渋谷ヒカリエ〈ShinQs〉にて1月22日より販売します! 

タワーでは、2010年から過去4回に渡り開催してきた〈毎日、女子ジャズ。キャンペーン〉で、コンピの発売や書籍の発行などさまざまな企画を実施。ShinQsとは昨年11月にイヴェントを開催したほか、店内BGMも担当するなど、多彩なコラボを展開してきました。今回一挙5タイトルが同時発売となる〈Jazz ShinQs〉は、ShinQsの地下3階から地上5階までの各フロアのイメージを、ボサノヴァ、フュージョン、AORなど細かいジャンルを飛び越え女性に向けた〈Jazzy〉な選曲で表現したもので、各1,400円(税抜)というお手頃な価格も魅力のアイテムとなっています。トラックリストなど詳細は下記の通り。

なお、タワーとShinQsは今後も〈毎日、女子ジャズ〉をテーマにさまざなイヴェントや取り組みを提案していく予定です。お楽しみに!

 

〈『Jazz ShinQs~Natural & Relax Style』〉
【概要】
渋谷ヒカリエShinQs 5F
自分のための時間や空間を大切に、ライフ・スタイルを楽しむ女性へ。
家庭生活や自分の時間・空間、趣味等を重視するライフ・スタイル。

【収録曲】
1. トム・ウェイツ(オープニング)
2. トム・ウェイツ “エモーショナル・ウェザー・リポート”
3. リッキー・リー・ジョーンズ “スロー・トレイン・トゥ・ペキン”
4. ヴァン・モリソン “ムーンダンス”
5. メル・トーメ “ダット・デア”
6. レイ・チャールズ “ホワッド・アイ・セイ パート1 & 2”
7. モーズ・アリソン “サムバディ・ガッタ・ムーヴ”
8. ハービー・マン & タミコ・ジョーンズ “サニー”
9. ドン・コヴェイ “スーキー・スーキー”
10. カーメン・マクレエ “サウンド・オブ・サイレンス”
11. ハーパース・ビザール “フィーリン・グルーヴィー”
12. アレサ・フランクリン “ムーディーズ・ムード”
13. ハービー・マン & タミコ・ジョーンズ “ア・グッド・シング”
14. メル・トーメ “カミン・ホーム・ベイビー”
15. リッキー・リー・ジョーンズ “ダニーの店で”
16. トム・ウェイツ “スペア・パーツII・アンド・クロージング”

 

〈『Jazz ShinQs – Active Off Style Casual Style Club Jazz』〉
【概要】
渋谷ヒカリエShinQs 4F
活動的で遊び心のある、オフの自分時間を大切にする女性へ。
都会的、活動的、洗練されたカジュアル・スタイル。

【収録曲】
1. フレディ・ハバード “サウス・ストリート・ストロール”
2. ジャック・マクダフ “ストローリング・ブルース”
3. クラレンス・ウィーラー & ジ・エンフォーサーズ “ライト・オン”
4. デヴィッド・ニューマン “ジョエルズ・ドメイン”
5. ハービー・マン “オールド・メンフィス・トゥー・ステップ”
6. ヤング=ホルト・アンリミテッド “ラバー・リップス”
7. シャーリー・スコット “イッツ・ユア・シング”
8. ダニー・ハサウェイ “マグニフィセント・サンクチュアリー・バンド”
9. アレサ・フランクリン “ロック・ステディ”
10. ビギニング・オブ・ジ・エンド “ファンキー・ナッソウ(パート1)”
11. リトル・フィート “頼もしい足”
12. ドニー・フリッツ “サンピン・ファンキー・ゴーイング・オン”
13. トニー・ジョー・ホワイト “ソウル・フランシスコ”
14. タワー・オブ・パワー “ホワット・イズ・ヒップ”
15. レス・マッキャン & エディ・ハリス “コンペアード・トゥ・ホワット”

 

〈『Jazz ShinQs – Stylish Career Style Jazzy Vocalists』〉
【概要】
渋谷ヒカリエShinQs 2F/3F
知性・感性を大切に、ワーク・シーンで自分を演出できる女性へ。
働く気分(適度な上昇志向、知的&美的自己表現など)に基づくワーク・スタイル。

【収録曲】
1. リンダ・ルイス “フィーリング・フィーリング”
2. パトリース・ラッシェン “リマインド・ミー”
3. k.d.ラング “ミス・シャトレイン”
4. リッキー・リー・ジョーンズ “恋するチャック”
5. マリア・マルダー “真夜中のオアシス”
6. サラ・ヴォーン “サムシング”
7. マイケル・フランクス “ジャイヴ”
8. アレサ・フランクリン “デイ・ドリーミング”
9. フィフス・アヴェニュー・バンド “ワン・ウェイ・オア・ジ・アザー”
10. ヴァン・モリソン “スウィート・シング”
11. ブルース・ロバーツ “アイ・ドント・ブレイク・イージリー”
12. アンドリュー・ゴールド “ラヴ・ハーツ”
13. ジミー・スコット “知りたいあなた”
14. メル・トーメ “ブルックリン・ブリッジ”
15. リンダ・ルイス “真理を求めて”

 

〈『Jazz ShinQs – BeautySelect Slow Bossa Lounge』〉
【概要】
渋谷ヒカリエShinQs 1F/B1F
美しく、健やかに、自分を癒して明日へのエナジーとする女性へ。
心身の美をアクティブに探究するトータル・ビューティー。

【収録曲】
1. ジョアン・ジルベルト “ス・ワンダフル”
2. マイケル・フランクス “アントニオの歌(虹を綴って)〈アントニオ・カルロス・ジョビンに捧ぐ〉”
3. ハース・マルティネス “オルトゥゲザー・アローン”
4. ジェフ & マリア・マルダー “ブラジル”
5. リンダ・ルイス “スプリング・ソング”
6. マリア・マルダー “ウォーキン・ワン & オンリー”
7. ジョン・サイモン “レイルロード・トレイン”
8. ゲイリー・バートン “リロイ・ザ・マジシャン”
9. トム・ウェイツ・ウィズ・ベット・ミドラー “アイ・ネヴァー・トーク・トゥ・ストレンジャーズ”
10. ハービー・マン & タミコ・ジョーンズ “男と女”
11. ティム・バックリィ “バズィン・フライ”
12. フィフス・アヴェニュー・バンド “カントリー・タイム・ライムス”
13. ピーター・ゴールウェイ “ハーモニー・グリツ”
14. マイケル・フランクス “タイガー・イン・ザ・レイン”
15. ダニー・ハサウェイ “ユー・ワー・メント・フォ-・ミー”

 

〈『Jazz ShinQs – Food Marche Light & Mellow, Jazzy Pop』〉
【概要】
渋谷ヒカリエShinQs B2F/B3F
美味しく楽しく食べることで、心身ともに美しく生きる女性へ。
先進的なトレンドとしての食、健康的・美的な食。

【収録曲】
1. ネッド・ドヒニー “ハリウッドからの葉書”
2. グローヴァー・ワシントン Jr. “クリスタルの恋人たち”
3. スティーヴ・キプナー “失恋教室”
4. マーク・ジョーダン “ダンシング・オン・ザ・ボードウォーク”
5. リー・リトナー “イズ・イット・ユー”
6. ジョー・ファレル “アナザー・スター”
7. ウィルソン・ブラザーズ “君のすべてを今夜”
8. ブルース・ロバーツ “アイ・ドント・ブレイク・イージリー”
9. クラッキン “ウェル・アンド・グッド”
10. ジョージ・ベンソン “ブリージン”
11. ラーセン=フェイトン・バンド “ファントム・オブ・ザ・フットライツ”
12. スティーヴ・キプナー “ノック・ザ・ウォールズ・ダウン”
13. ネッド・ドヒニー “悲しみを知って”
14. マーク・ジョーダン “ビューティフル・ピープル”
15. マイケル・フランクス “ハイダウェイ”

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP