ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : Garmin、リストバンド型活動量計「vívofit」を発表、電池交換不要で1年は持つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GPSデバイスの雄 米Garminが同社初のリストバンド型活動量計「vívofit(ヴィーボフィット)」を発表しました。vívofitはCES 2014に出展されます。Garminの時計と言えば、ForerunnerなどのGPSウォッチが有名ですが、今回発表されたvívofitはそれらとは異なりGPS非搭載です。Nike+ FuelBandやUP、Fitbitのような四六時中着用して日々の歩数や移動距離、消費カロリーなどの運動データや睡眠時間を記録するという製品です。もちろん時計としても機能します。vívofitはANT+通信に対応しており、別途購入するか製品同梱のANT+の心拍ベルトで取得した心拍数と心拍ゾーンを記録できるほか、ANT+レシーバーを装着したPCやANT+に対応したスマートフォンにインストールした「Garmin Connect」アプリを通じて、vívofitで取得したデータを同社のコミュニティサイト「Garmin Connect」にアップロードできます。Garmin ConnectのWEBサイトやアプリでは、GPSウォッチのワークアウトデータと同じように日々の運動データや睡眠時間などの活動データを閲覧することができます。vívofitは水深50mまでの防水に対応。四六時中装着する利用スタイルを採用しているため、電池交換不要で1年は持つされています。電池はユーザーで交換することもできます。vívofitのラインアップは本体色によってブラック、パープル、ブルー、ティール、スレートの5色。サイズはスモールとラージの2種類。価格は、単体モデルが$129、心拍ベルトバンドルモデルが$169です。発売時期は2014年Q1中とされています。Source : Garmin



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : ZTEが5.5インチフルHDの新フラッグシップスマートフォン「ZTE Grand S II」を正式発表
CES 2014 : ASUS、Android 4.1とWindows 8.1のデュアルOSタブレット/ノートPC「Transformer Book Duet(TD300シリーズ)」を正式発表
CES 2014 : ASUS、Intelプロセッサを搭載した新スマートフォンブランド「ZenFone」を発表、4インチ/5インチ/6インチモデルをラインアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP