ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で3番目に多い「高橋」姓の由来

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 「高橋さん」という友人がいる、職場に「高橋さん」がいるという人は多いだろう。
 それもそのはず、「高橋」という名字は東西問わず全国に推定144万人もいて、明治安田生命保険が行った調査によると「佐藤」「鈴木」に次いで3番目に多いのだ。
 本書『高橋さんのルーツ』(森岡浩/著、ジェイ・アプリケーション/刊、Amazonにて発売中)では、都道府県別に「高橋さん」のルーツを辿り、当地出身の有名な「高橋さん」を紹介していく。

  現代では、「名字」と「姓」はほぼ同じ意味に使われているが、本来は全く別のものだ。中世においてはこの両者は区別されており、武士たちは、自らの出自を示す「姓」と、自分たちの一族を指す「名字」の両方を持っていた。そして、日常生活では「名字」を使用し、公的には「姓」を使っていた。現在使用されている名字の大多数はかつての「名字」に相当するものだが、「菅原」や「大江」のように、「姓」に由来するものもある。では「高橋」はどうかというと、「姓」と「名字」の両方にルーツを持つという大きな特徴があるのだ。

 また、「高橋」は最大の地名姓でもある。その由来は渓谷など、水面から高い場所に架けた橋である。現代では橋は珍しいものではないが、江戸時代は江戸や大坂といった大都市や東海道などを除くと、川は渡し舟で渡るのが普通だった。名字の大多数が生まれたのはそれ以前のこと、つまり「橋」が珍しく、また目立つ建造物だった時代である。従って、「橋」を目印として家を特定することは容易であり、だからこそ「橋」のつく名字は多いのだ。

 「佐藤」や「鈴木」は分布が東日本に偏っているが、「高橋」は全国に分布している。県単位で最多となっているのは東日本の群馬県と西日本の愛媛県。東日本において唯一県で一番多いのが群馬県だが、人口比では2%にすぎず、青森・福島を除く東北4県よりは少ない。人口比でみると旧中里村(多野群神流町)で18%、旧月夜野町(利根郡みなかみ町)で10%を占めていたが、現行市町村では神流町の人口比8%が最多。次いで、みなかみ町と吾妻群東吾妻町に多い。

 名字のルーツを辿っていくといろいろなものが見えてくる。それは「高橋」に限らず、どの名字にも当てはまることだろう。自分の名字のルーツを探ってみるのも面白いかもしれない。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
知ってますか?自分の名前の由来
亀有は“亀梨”だった? 東京の地名の由来
名前の「音」で性格占い 名前でわかる 恋愛、相性、SEXまで

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP