ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Intel Atom Z3770がAndroid 4.2.2の下でOpenGL ES 3.0の認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intelのタブレット向けプロセッサ「Atom Z3770」が1月3日付けでKhronos GroupによるOpenGL ES 3.0仕様の認証を取得しました。OpenGL ES 3.0は組み込み向けのグラフィックスAPI「OpenGL ES」の最新バージョン。Khronos Groupの公式サイトで公開されている認証情報によると、今回、Atom Z3770はAndroid 4.2.2(Jelly Bean)を搭載してOpen GL ES 3.0の認証を取得しています。Z3000シリーズのAndroidへの対応が完了したとみられ、今後、このSoCを搭載したAndroidタブレットが発売されるかもしれません。Atom Z3770は、‟Bay Trail-T”のコードネームを持つ「Atom Z3000」シリーズの最上位モデルとなるSoC。CPUはクアッドコアで動作クロック数は最大2.4GHzにもなります。Source : Khronos Group



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungは次期フラッグシップ「Galaxy S 5」でシャープ製LCDを採用か?
CyanogenMod 11にステータスバーのダブルタップで画面をOFFにできるLG G2のノックオンのような機能が追加
Galaxy Note Pro 12.2、Galaxy Tab Pro 12.2、Galaxy Tab Pro 10.1、Galaxy Tab Pro 8.4のプレス画像と主要スペックが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP