ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : NVIDIA、次世代Tegraプロセッサ「Tegra K1」を発表、独自開発の64bit CPUとKeplerベースの192コアGPUを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米NVIDIAは現地時間1月5日、米国・ラスベガスで開催された同社のプレスカンファレンスで次世代モバイルプロセッサ「Tegra K1」を発表しました。「Tgra K1」はこれまで‟Project Logan”というコードネームで紹介されてきたTegraプロセッサです。従来通りなら製品ブランドは「Tegra 5」になるのですが、「Tegra K1」に一新されました。「Tegra K1」の特徴は、後述する独自開発のCPUコアとGPUコアにデスクトップ版GeForce 600シリーズの”Kepler”アーキテクチャーをベースとしたものを採用したことです。GPUはTegra 4の72コアから192コアに増加し、GPUを使用した汎用コンピューティング技術(CUDA)やOpenGL 4.3にも対応します。

「Tegra K1」は、内蔵されるCPUコアの種類によって2種類が存在します。1つ目はCortex-A15×4(4-plus-1アーキテクチャー)を採用したクアッドコアの32bit版。2つ目はARMv8命令セットをサポートしたCPUコアをNVIDIAが独自に拡張を施した‟dual Super Core CPU”を採用した64bit版。64bit版は‟Denvor”というコードネームで知られるNVIDIA独自開発のCPUコアで、最大2.5GHzで動作します。デュアルコアCPUであるものの、高いシングルスレッド・マルチスレッドの処理能力を発揮するとされています。32bit版のリリース時期は2014年上半期中で、64bit版のリリース時期は2014年下半期中とされています。Source : NVIDIA



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note Pro 12.2、Galaxy Tab Pro 12.2、Galaxy Tab Pro 10.1、Galaxy Tab Pro 8.4のプレス画像と主要スペックが流出
CES 2014 : TCLがスマートフォン・タブレットの第2の画面として機能する4インチのE Ink電子ペーパーディスプレイ「Magic Flip」を発表
CES 2014 : Garmin、リストバンド型活動量計「vívofit」を発表、電池交換不要で1年は持つ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。