ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2014 : Lenovo、Androidを搭載した28インチ4Kモニター「ThinkVision 28」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Lenovoは1月5日、おそらく世界初になるであろうAndroidを搭載した28インチ4Kモニター「ThinkVision 28」をCES 2014で発表しました。ThinkVision 28は、28インチ3,840×2,160ピクセルの高精細液晶を搭載した、俗に言う‟スマートディスプレイ”製品です。Android 4.4(KitKat)がインストールされており、タッチパネルで利用すればAndroidタブレットのように、キーボードとマウスを接続すればAndroidデスクトップPCとして操作することができます。ThinkVision 28にはHDMI入力端子とDisplayPort 1.2入力端子が搭載されており、PCやスマートフォン、タブレットの外部モニタとしても機能します。主要スペックは、NVIDIA Tegraプロセッサ(世代は不明)、2GB RAM(DDR3)、32GB ROM、10/100Mbpsのイーサネットポート、USB 2.0×1、USB 3.0×3、Micro SDカードスロット、NFC通信機能を搭載しています。ThinkVision 28の発売時期は2014年7月の予定。価格は$1,199(約125,000円)とされています。Source : Lenovo



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2014 : ZTEがAndroid 4.2ベースのプロジェクター内蔵モバイルWi-Fiルーター「ZTE Projector Hotspot」の詳細を発表
CES 2014 : 本や雑誌を両手で持つ感覚で文字を入力できる画期的なBluetoothキーボード「TrewGrip」が発表
Google、自動車へのAndroidの搭載を促進する「Open Automotive Alliance(OAA)」を設立、Audi、GM、ホンダ、現代、NVIDIAらが参加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP