ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「知らんと言え」のささやき女将 助言封印で次男の店大繁盛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 狼狽する息子の隣で囁く母の声は、高性能のマイクが一言漏らさず拾っていた。音量としては「最も小さな失言」だが、謝罪会見史に最大のインパクトを残した。「頭が真っ白になったと言え」「何も知らんと言え」──。

 吉兆グループのひとつ『船場吉兆』の“ささやき女将”こと湯木佐知子氏。2007年、食材の産地偽装や食べ残しの使い回しが発覚すると、長男で専務の喜久郎氏と釈明会見に臨んだが、厳しい質問に喜久郎氏は言葉に詰まってしまう。

 すると佐知子氏は長男に冒頭の言葉を耳打ち。“腹話術”はマイクを通して全国ニュースで流れてしまった。事件の翌年に同店は廃業し、佐知子氏は自己破産した。だが、当時、同店の取締役だった次男の尚治氏が、2011年に大阪・北新地で料亭を出店した。

 どん底からの復活は尚治氏の腕の確かさを示す何よりの証拠だが、「吉兆ブランドを守る」という使命感も再起の後押しになったのだろう。とすると、女将も息子の吉兆再興を隣で“サポート”しているのか?

 客として「あの女将さんも出てるの?」と尋ねると、「ええと、たまに……」と、要領を得ない返答。そこで、尚治氏に訊いた。

──お母様は元気ですか?

「はい、元気ですよ。でも、母は一切答えないようにしているんです。もう商売もしておりませんから」

──佐知子さんもお店のアドバイスをしていると聞きますが?

「今はそういうことはしておりませんので。他の人を取り上げられたほうがいいと思いますよ……」

 終始丁寧な口調ながら、母の関与を頑なに否定する尚治氏だが、「船場吉兆時代のお客さんが戻ってきているのは、先代女将の口添えもあると思う」(大阪の飲食店関係者)との声も。そんな“ささやき”なら、誰も目くじらを立てないと思いますが。

※週刊ポスト2014年1月17日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
翻訳家・岸本佐知子さん ドーハの悲劇は自分のせいだと嘆く
中島知子が決意の復活グラビア 限界セクシー独占撮り下ろし
東京マラソン 優勝の尾崎の恋人暴露の解説者は許可取ってた

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP